最新記事

トレーニング

外出自粛で免疫力が落ちる!? 元祖・部屋トレ「囚人トレーニング」の健康効果

2020年4月30日(木)11時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

vuk8691-iStock.

<自粛生活で運動不足になると、免疫力が低下するおそれがある――。今の「コロナ時代」にこそ、世界中で支持されてきた「プリズナートレーニング」が効果的だ>

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、世界中のスポーツジムが閉鎖に追い込まれている。

日本でも、緊急事態宣言を受けて各地方自治体が「3密」の懸念があるスポーツクラブに休業を要請。ジム通いをしていた多くの人たちにとって、日常のトレーニングが継続不可能になりつつあるのが現状だ。

さらに定期的に運動をしていた人たちだけでなく、外出自粛は多くの人たちの健康にも影響を与えている。

直近の調査では、テレワークに切り替えた会社員は1日あたりの歩数がおよそ30%減っており、中には1日の歩数が70%ほど減って1日3000歩ほどしか歩いていないケースもあるという。厚生労働省が病気の予防として推奨する1日8000歩を大幅に下回る数値だ。

外出を控えることで感染リスクを減らすことはもちろん重要だ。しかし外出自粛による運動不足が、免疫力をむしろ低下させてしまうとしたらどうだろうか。

実際、質のいい睡眠を取ることと並んで、適度な運動をすることも免疫力を高める働きがあることがさまざまな研究から実証されている。

では、どうすればいいのか。この状況下で、一体どんな運動やトレーニングをすればいいのかと悩んでいる人も多いだろう。

そんな人にオススメなのが、いわゆる「部屋トレ」、自宅でのトレーニングである。

「強く」「健康」でありたいと願うどんな人にも効果的

現在のコロナ危機が始まるずっと前――すなわち「部屋トレ」なる言葉が生まれる前――から、「ジムは不要」「器具は不要」と言い切り、世界中のトレーニーから支持を集めてきた最強のトレーナーがいる。

その名は、ポール・ウェイド。自重トレーニング(自分の体重だけを使って行う筋力トレーニング)の伝道師だ。アメリカで凶悪犯を収監する刑務所を20年以上渡り歩いた「元囚人」である。

過酷な獄中生活を生き抜くために、刑務所内でキャリステニクス(自重トレーニングのこと)を習得し、鋼のような肉体をつくり上げた。タフな男たちから「コーチ」とまで呼ばれるようになり、出所後、筋トレ本を出版する。『プリズナートレーニング』(山田雅久訳、CCCメディアハウス)だ。

現在日本で4冊が出版されている「プリズナートレーニング」シリーズは、日本だけで累計15万部を記録。ジム通いのみならず、プロテインも不要とするウェイドのトレーニングメソッドは、2017年(邦訳版)の発売以来、多くの読者に影響を与えてきた。

このトレーニングの利点は、特別な装置を必要とせず、最小限の時間で実践可能、そしてどんな場所でも――監獄でも、自宅でも――できること。まさに今の「コロナ時代」に合った、「強く」「健康」でありたいと願うどんな人にも効果があるメソッドだ。

【参考記事】全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つの理由

関連ワード

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、香港の優遇措置撤廃を指示 国家安

ワールド

トランプ氏服用の抗マラリア薬、全米で使用急減 リス

ワールド

仏ルーブル美術館、7月6日に再開へ マスク着用など

ビジネス

FRB議長、コロナ対応の継続強調 「種々の政策手段

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 3

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 6

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 7

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月