最新記事

海外ノンフィクションの世界

加齢を味方につけたアスリートに学ぶ、トレーニング法・疲労回復法

2020年4月10日(金)15時35分
船越隆子 ※編集・企画:トランネット

38歳となった今も第一線で活躍し続けるプロテニス選手、ロジャー・フェデラー Mike Hutchings-REUTERS

<30歳を過ぎてサッカーを始めたジャーナリストが、歳を取っても活躍し続けているトップアスリートやトレーナー、研究者を取材。アマチュアのスポーツ愛好家にも役立つ、年長者でも運動で成果を出し続けられる方法とは?>

マラソンはお好きですか?――ひと昔前なら、マラソンは見るものだった。でも今は、走る。

市民ランナーが参加するマラソン大会も増えたし、ふだんから公園でジョギングをする姿もたくさん見かける。しかも、若い人たちだけではない。40代、50代、60代、いや、もっと年輩の人たちも走っている(新型コロナウイルスの感染防止のため、各地で外出自粛が要請されている今、走る機会が減ってもどかしい思いをしている人もいるだろう)。

アマチュアのマラソンランナーだけではない。「若いほどスポーツのパフォーマンスは高いはずなのに、近年では年長のアスリートが目覚ましい成果を出し、しかもそれを継続している」として、「加齢を味方につけろ!」と銘打つのが『アスリートは歳を取るほど強くなる――パフォーマンスのピークに関する最新科学』(筆者訳、草思社)。

著者のジェフ・ベルコビッチは、スポーツ選手でもなく、スポーツライターでもなく、ジャーナリストである。

スポーツ好きの彼が、30歳を過ぎて始めたサッカーに夢中になり、息切れしたり臀部や腰を痛めたりと悪戦苦闘するなかで、昔ならとっくに引退していただろう年齢になっても活躍しているトップアスリートたちが気になり、その秘密を探っていく。でき得るなら、アマチュアの自分にも参考にできることが見つかるかもしれない、という期待もこめて。

本書に登場する選手、あるいは実際に彼がインタビューしたり、トレーニングしたりした選手陣はまさにスターであり、豪華だ。

2015年のボストンマラソンを39歳で優勝したメブ・ケフレジギに始まり、先日、悲しくも飛行機事故で亡くなったNBA(全米プロバスケットボール協会)のレジェンド、コービー・ブライアント。NFL(全米プロフットボールリーグ)のペイトン・マニング、テニス界のトップを走るロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルに、米国陸上の中距離選手ヒラリー・ステリングワーフ。そして、なでしこジャパンとの対戦で日本でもよく知られている米国女子サッカー界のスター、カーリー・ロイドも。

錚々たる面々だが、彼らを育てる側の監督やコーチ、トレーナーたちも、それぞれに個性があり、そのアイデアや努力が興味深い。

trannet20200410playon-2.jpg

takoburito-iStock.

激しいトレーニングだけでは長く現役を続けられない

長くトップアスリートでいられるような選手なら、苦痛に耐え抜いて、それこそハードなトレーニングや身体づくりをしているはずだという我々の固定観念は消し去られる。激しいトレーニングだけでは、身体はすぐに消耗し、長く現役を続けられないのだ。

逆に、時間を区切って段階的にトレーニング内容を変えていくピリオダイゼーションや、複数の運動を組み合わせるクロストレーニング、あるいは日本人が考案した加圧トレーニングなどを用いて、いかに効率よくトレーニングをするか、疲労をためこまずに回復するか。睡眠や栄養をどう味方につけるか、といった工夫が大切になる。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、香港の優遇措置撤廃を指示 国家安

ワールド

トランプ氏服用の抗マラリア薬、全米で使用急減 リス

ワールド

仏ルーブル美術館、7月6日に再開へ マスク着用など

ビジネス

FRB議長、コロナ対応の継続強調 「種々の政策手段

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 3

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 6

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 7

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月