最新記事

トレーニング

「筋トレは朝がいい、30分でいい」総合格闘家がビジネスマンに伝えたいこと

2018年12月21日(金)19時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Milatas-iStock.

<一流の起業家や経営者たちは、健康な体づくりに時間を費やしている。総合格闘家であり、経営者のパーソナルトレーナーも務める宮田和幸氏が伝授する「戦える体づくり」のための筋トレ法>

近頃、書店のビジネス書コーナーに健康に関する本が多く見られるようになった。エリートや成功者こそ食事に気を遣い、ちゃんと体も鍛えているものだ、という認識が広まってきているからかもしれない。確かに、エネルギッシュに活躍する「一流」と呼ばれる人たちには、健康的な体型の人が多い。

人一倍多忙であるはずのエリートたちが、どうして健康的な体づくりに貴重な時間を費やすのだろう。それは「強くなりたい」から。そして、やはり「女性にモテたい」からだ――そう語るのは、総合格闘家であり、起業家や経営者のパーソナルトレーナーも務める宮田和幸氏だ。

そんなのは偏見だという意見もあるかもしれないが、宮田氏は決して、そうした本能的かつ根源的な欲求を否定しているのではない。それどころか、むき出しの願望があるからこそ「一流の身体」をつくることができ、それによって人生の成功をも手にできるのだと述べる。

宮田氏の著書『「一流の身体」のつくり方――仕事でもプライベートでも「戦える体」をつくる筋トレの力』(CCCメディアハウス)には、多忙なビジネスマンだからこそ、今すぐ筋トレを始めるべき理由が詰まっている。

30代、40代はまだまだ若い

宮田氏は現在42歳。レスリング(フリースタイル63kg級)の日本代表として、23歳の時にシドニーオリンピック(2000年)に出場し、その後、28歳で総合格闘家に転向した。K-1 MAXやDynamite!!などさまざまな団体で活躍するかたわら、複数のジムを経営し、さらに経営者や著名人などのパーソナルトレーニングも数多く手がけている。

レスリングやボクシングなどの競技では、25歳が選手としてのピークだと言われるが、宮田氏は、果たして本当にそうなのかと疑問を投げかける。というのも、現在でも体力の衰えを感じることなく、また、格闘家としての実力も落とさずに現役を続けられてきたからだ(なお宮田氏は、体力の限界ではなく若手のサポートをしたいという理由から、今年12月31日開催の大会「RIZIN.14」での引退を表明している)。

25歳がピークというのは、単に、それまで続けてきたトレーニングを止めてしまうからではないか。加齢によって弱くなるのではなく、強さを維持する努力をしなくなるだけではないか----というのが宮田氏の意見だ。

実際、20代後半で総合格闘技という異世界に飛び込んだ宮田氏は、そこから新しいことをひとつずつ習得する日々を送っているうちに、飽きることなくトレーニングを継続でき、それによって見事に鍛え抜かれた肉体を維持できているという。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イラン、100機超える無人機発射 イスラエル軍発表

ワールド

イランがイスラエルに無人機とミサイル発射、革命防衛

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 8

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 9

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 10

    マレーシアの砂浜で、巨大な「グロブスター」を発見.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中