最新記事
起業

2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

2024年2月21日(水)11時30分
※TOKYO UPDATESより転載
Astar Networkのファウンダー、渡辺創太氏

Astar Networkのファウンダー、渡辺創太氏

<ブロックチェーン技術を柱に、特定のプラットフォーマーに依存しない、分散化の度合いを強めたインターネットを指す概念として注目される「Web3.0」(ウェブスリー)。日本発のパブリック・ブロックチェーンAstar Networkの創設者で、Web3.0の先駆者の一人渡辺創太氏に、トレンドや今後の展望を聞いた>

この数年、渡辺氏は日本とシンガポールの二拠点を行き来する生活を続けている。Astar Networkの開発拠点や自らCEOを務めるWeb3.0関連の事業会社Startale Labsの本社機能があるシンガポールで1年の大半を過ごすという。

「日本からアジアへ、そして世界へと打って出ていくにあたり、今はシンガポールという場所は一番都合がいいんです。起業関連の仕組みも整っていますし。でもいずれは、東京へ拠点を移したい。少しずつ起業環境も整備されていくでしょうし、自分としても生まれ育った国に貢献したい思いが強いですから」

インターネットのあり方を大きく変えると目されているWeb3.0。2019年に起業した渡辺氏だが、それから5年となる2024年が勝負の年になると見ている。

「グーグルやアマゾンなど、今のインターネット、つまりWeb2.0のデファクトスタンダード(業界標準)を作ったメインプレーヤーたちが出てきた2000年ごろの状況に、今のWeb3.0を取り巻く環境は似てきていると感じます。2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の今後を握っていくことになるのではないかと思います」

tokyoupdates240215_1.jpg

アジア最大級のWeb3.0サミット「Token 2049 Singapore」で講演する渡辺氏

そして、ソフトウエアやサービスインフラを手がける日本勢にとっても「ラストチャンスになる」と渡辺氏は言う。

「ハードウエアの世界では戦後、トヨタ自動車やソニーなど、世界を代表する存在になった企業がいくつもありました。一方で、ソフトウェアやインターネット関連ではそうなりませんでしたし、ほぼアメリカ一強のような状況が続いています。幸い、Web3.0ではアメリカ勢が出遅れていて、どの国にも地域にもチャンスがあります。この領域なら、『令和のトヨタ』『令和のソニー』を生み出しうるし、日本にはそのポテンシャルもあるはずです。ただし、これが少なくともインターネット関連ではラストチャンスになるんじゃないでしょうか」

「Web3.0界の大谷翔平」を目指す渡辺氏の挑戦

起業家である渡辺氏にとって、Web3.0は起業を目指す若者に対して「道」を示す機会にもなるという。

「たとえばアメリカのテック業界を牽引している起業家だと、30代40代が多いですし、イーロン・マスク氏でさえまだ50代です。一方、日本では若い世代のロールモデルたりえる存在が出てきていない印象があります。私が尊敬する孫正義さんは60代ですが、やはりここまで世代が離れるとお手本としてのリアリティがなくなってしまいます。20代で起業した自分のような人間が、まずはブロックチェーンの領域で世界トップ10に入ることで、『自分たちもできるんだ』と思ってもらえるように、先陣を切っていきたいと思います」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏「ウクライナ存続は米にとって重要」、姿勢

ワールド

IMF、中東・北アフリカ成長予想を下方修正 紛争激

ビジネス

米国株式市場=ほぼ横ばい、経済指標や企業決算見極め

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、米指標やFRB高官発言受け
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 6

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 10

    紅麴サプリ問題を「規制緩和」のせいにする大間違い.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中