最新記事

米経済

ショッキングな米4月雇用統計が「期待外れ」でない理由

2021年5月10日(月)18時45分
ジョーダン・ワイスマン(スレート誌記者)
アメリカ、人手不足

コロナ対策の手厚い失業手当が人手不足を生んでいる? MARCO BELLO-REUTERS

<予想を大きく下回り、衝撃が広がっているが、今回の雇用者数や失業率の統計には慎重に読むべき点がいくつかある。例えば、失業率は確かに若干上昇したが、労働力人口は43万人増加している>

アメリカ経済はコロナ不況を抜け出し、景気回復の軌道に乗ったのではなかったのか――エコノミストやジャーナリストの間で衝撃と戸惑いが広がっている。

5月7日に発表された4月の雇用統計が予想を裏切る内容だったのだ。

好調だった3月と打って変わり、非農業部門雇用者数は前月比で26万6000人の増加にとどまり、失業率も若干上昇した。事前の市場予想では、ワクチン接種の加速を受けて、雇用者数が100万人ほど増えるとみられていた。

「あまりに期待外れだ。景気の見通しについて見方を変えなくてはならない」と、ミシガン大学のジャスティン・ウォルファーズ教授(経済学)は述べている。

この雇用統計をきっかけに、連邦政府がコロナ救済策として手厚い失業手当を支給していることの是非をめぐる論争がさらに激化しそうだ。

ビジネス界(特に外食産業)は、充実した失業手当が人々の就労意欲をそぎ、それが人手不足を招いていると不満を募らせてきた。一方で、コロナ感染への不安が原因で職に就かない人も多いのではないかという指摘もある。

7日に発表されたデータを見る限り、人手不足に拍車が掛かっていることは間違いない。

ホテル・レストラン業界では、働き手の週平均の労働時間が大幅に増えている(既存のスタッフが長時間労働を求められていることを意味する)。それに、平均時給も上昇している(高い給料を支払わなければ人手を確保できないことを意味する)。

ワクチン接種が進むなかで雇用回復のペースが減速したことは、コロナ感染への不安以外の理由で――つまり失業手当が理由で――就労を控えている人が少なからずいる証拠と言えるかもしれない。

共和党の政治家が今回の強烈な数字に激しく反応することは目に見えている。モンタナ州とサウスカロライナ州の知事は既に、産業界の不満に応えて、連邦政府の失業給付プログラムからの早期離脱を表明している。共和党知事の州は続々とこれに続くだろう。

しかし、この1回の雇用統計に過剰反応することは避けたほうが賢明だ。雇用統計は一貫性を欠いた動きを示すことがあり、発表後に数値が大幅に訂正されることも多い。

それに、今回の雇用統計は、慎重に読まなくてはならない点がある。

【話題の記事】
中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

フランス新政権樹立、パリ五輪後の8月中旬ごろ=マク

ワールド

トランプ氏、ハリス氏と数回の討論会行う用意と表明 

ワールド

米俳優クルーニーさん、ハリス氏を支持 民主党大統領

ワールド

トランプ氏、訪米中のネタニヤフ氏と26日に会談へ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 2
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    「これは無理」「消防署に電話を」出入口にのさばる…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中