最新記事

日本企業

楽天の携帯サービス、12月末に携帯基地局3000局開設の見通し

2019年11月7日(木)18時44分

楽天は携帯電話の基地局を12月末に3000局開設すると明らかにした。写真は楽天のロゴ。東京で5月撮影(2019年 ロイター/Sam Nussey)

楽天は7日、携帯電話の基地局を12月末に3000局開設すると明らかにした。同社は2020年3月までに3432局の開設を目指している。

楽天モバイルのタレック・アミン最高技術責任者(CTO)は同日の楽天の決算会見で、基地局の開設に向けて年内に6500局分で口頭の内諾を得る見通しだと述べた。このうち4500局分の契約を締結し、うち3000局から電波を発射すると説明した。

楽天は当初、自社回線を用いたサービスの本格運用を10月から開始する予定だったが、基地局の整備が遅れ半年ほど後ずれさせている。10月からは一部ユーザーを対象に無料でサービスを提供している。三木谷浩史会長兼社長は「産みの苦しみだったが(ネットワークは)動いている。基地局の建設を邁進していくのみ」と述べた。

三木谷氏は「路面上ではほぼつながるようになってきた。地下など改善する必要がある」と指摘。本格運用の時期は「テクニカルなチェックをしっかりした上で、できるだけ早急に」と述べた。

楽天はKDDIとローミング(相互接続)契約をしており、 三木谷氏はローミング費用について「ある程度はかさんでいく」としたが「基地局の建設は前倒しで完了するとの手応えを得ている。費用はかなり抑えられるのではないか」とも述べた。

1─9月の当期損益は141億円の赤字転落(前年同期は1079億円の黒字)となった。同期間で赤字になるのは2011年以来8年ぶり。保有する米リフト株について7─9月期に約1030億円の減損損失を計上したことが重しとなった。7―9月期の当期損益は1143億円の赤字(前年同期は434億円の黒字)だった。

三木谷氏はリフトについて「足元の事業としては信頼をおいている」と説明。投資額に対して高いリターンが出ているとして「投資家ということで言うと、極めて良い投資だったかなと思う」と述べた。

(平田紀之)

[東京 7日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20191112issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月12日号(11月6日発売)は「危ないIoT」特集。おもちゃがハッキングされる!? 室温調整器が盗聴される!? 自動車が暴走する!? ネットにつなげて外から操作できる便利なスマート家電。そのセキュリティーはここまで脆弱だった。


ニュース速報

ワールド

TikTok含む中国アプリの禁止を検討─米国務長官

ワールド

英GSK、コロナワクチン開発でメディカゴと提携 田

ビジネス

英中銀、8月6日の政策決定発表時間を前倒し 日本時

ワールド

リジェネロン、コロナ抗体カクテル療法で米政府と契約

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 6

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 9

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 10

    「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月