最新記事

エコノミスト

嫌われ経済学者スティグリッツ

グローバル市場の弱点を鋭く見抜き、アメリカの経済政策を厳しく批判。
世界でカリスマ的人気を誇る経済学者は、オバマ政権に嫌われてもほえ続ける

2009年8月24日(月)15時33分
マイケル・ハーシュ(ワシントン支局)

予言者 アジアでは神のようなもてなしを受けると言われるスティグリッツ Pascal Lauener-Reuters

 4月のある朝、携帯電話が鳴ったとき、アーニャ・スティグリッツはニューヨークのセントラルパークでピラティス教室の最中だった。表示された電話番号は「202」の局番だけ。ホワイトハウスからだ。

 電話をかけてきたのはローレンス・サマーズ米国家経済会議(NEC)委員長の側近で、アーニャの夫で経済学者のジョセフ・スティグリッツを捜していた。彼女はジョーに伝えておくと言い、腹筋のトレーニングに戻った。

 大した用ではないだろうと思った。夫と話したい人は、よく彼女に電話をかけてくる。夫ときたら世界経済の仕組みを40年間研究しているくせに、いまだに留守番電話の再生もおぼつかない。

 おそらくバラク・オバマ大統領の経済顧問の筆頭であるサマーズが、夫が先日ニューヨーク・タイムズ紙に書いた論説に文句を言いたいのだろう。アーニャはそう思っていた。

 ジョセフ・スティグリッツとローレンス・サマーズ。経済学界にそびえる2本柱は自我の強さでも張り合っている。「2人は尊敬し合っているが、互いに大嫌いでもある」と、スティグリッツの友人でコロンビア大学の仕事仲間のブルース・グリーンワルドは言う(「私はジョーを経済思想家として大いに称賛している」と、サマーズは本誌に語った)。

 スティグリッツは、金融危機の対応についてオバマ政権の経済チームを激しく攻撃してきた。経済刺激策は効果を出すには規模が小さ過ぎるという批判は、彼が言いだしてから大合唱に広がっている。

 公的資金による救済策も、スティグリッツはウォール街への無償供与だと批判。銀行の投資家と債権者を救って納税者から搾取する「偽資本主義」だとした。

 アーニャの予想に反してサマーズの側近はすぐに電話をかけ直してきて、緊急だと言った。スティグリッツ教授にワシントンで大統領主催の夕食会に出席していただけますか──今夜なのですが。

大統領に招待されたが

 アーニャはコロンビア大学の夫のオフィスに電話をつなぎ、スティグリッツは電車に飛び乗った。彼は少々機嫌が悪かった。プリンストン大学のアラン・ブラインダーやハーバード大学のケン・ロゴフなどほかの著名な経済学者は1週間前に招待されていたのだ。

 スティグリッツはオバマを大統領選中の07年から応援していた。だが政権発足から4カ月、この日の電話までホワイトハウスからはほとんど音沙汰がなかった。今回も大統領は幅広い経済学者の声を聞くとしながら、スティグリッツの名前は付け足しに思えた。

 もっとも、スティグリッツにしてみればよくあることだ。論争好きな経済学界でさえ、彼は少々厄介だと思われている。ノーベル経済学賞を受賞しているが、ワシントンでは経済評論家の1人にすぎない扱いで、常に歓迎されるというわけでもない。

 彼の名前を知っているアメリカ人は少ない。ずんぐりとして、映画監督で俳優のメル・ブルックスにどこか似ている彼を見て、誰だか分かる人はもっと少ない。

 しかしコネティカット大学の集計によると、スティグリッツの論文は世界中の経済学者のなかで最も多く引用されている。外国に行けばヨーロッパでもアジアでも中南米でも、スーパースターか現代の予言者かという歓迎ぶりだ。

「アジアでは神のようなもてなしだ」と、米上院銀行委員会の元チーフエコノミストで一緒に旅をしたことのあるロバート・ジョンソンは言う。

 グローバルな経済システムは貧しい国に不公平だと主張し、世界銀行やIMF(国際通貨基金)を批判するスティグリッツは、中国などG20首脳会議(金融サミット)メンバーの新興国の間で人気が高まっている。中国の温家宝首相は彼の論文に影響を受け、特に「貧しい人のための経済学に関する」意見に関心が高いと、方星海上海市金融弁公室主任は言う。

ニュース速報

ビジネス

6月製造業PMIは低下、サービス業は若干改善

ワールド

米上院、選挙改革法案の審議進行で採決 共和党反対で

ビジネス

アルゼンチン、債務交渉継続で合意 デフォルト回避

ビジネス

モルガンS、接種未了の社員・顧客のNYオフィス入館

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 4

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 5

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 6

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 7

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月