ニューストピックス

ニューズウィーク日本版アーカイブ&スペシャルリポート

トランプのアメリカ

トランプのアメリカ

世界を驚かせたドナルド・トランプ大統領の誕生。アメリカはどこに向かうのか? Carlo Allegri-REUTERS

2016.11.10

米政治

ゴルフ場に墓石を使うトランプは中国と似ている

2016.11.25
中東ニュースの現場から 川上泰徳

米国がイスラエルの右翼と一体化する日

<トランプ氏の中東の諸問題に関する認識には誤りも多いが、その発言内容をひもとくと、イスラエルの発想が透けて見える。トランプ次期政権がイスラエ

2016.11.19
ケイザイを読み解く 野口旭

トランプで世界経済はどうなるのか

<減税と公共投資を中心とするトランプノミクスが額面通りに現実化されたときに、世界経済に何が生じるかは、短期的にはきわめて明らかである> 「ト

2016.11.18
総力特集

「ドナルド・トランプの世界」を読み解く 

[2016年11月22日号掲載]

2016.11.17
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

動き出したトランプ次期政権、「融和」か「独自色」か?

<トランプ次期政権の人事・政策策定は、保守主流派との融和とトランプ独自の人脈活用を織り交ぜ、かなりスピーディーに進行している。この段階で日本

2016.11.15
経済ニュース超解説 加谷珪一

トランプ新政権で米国は好景気になる可能性が高い

<トランプ大統領誕生で、米国経済は、世界経済は、そして日本経済はどうなるか。「公約」の大規模インフラ投資は果たして効果があるのか。保護主義と

2016.11.14
現場主義の経済学 岩本沙弓

トランプの経済政策は、アメリカだけが得をする「歪んだグローバリズム」

<トランプの勝因を「反グローバリズム」とする見方がある。しかしその実態は、商取引では保護主義、一方で国外で稼いだ利益はアメリカに還流しやすく

2016.11.14
中華最前線 野嶋 剛

トランプ政権誕生で中台関係はどう動くか

<台湾に「無関心」なトランプの米大統領選勝利により、不透明感を増す中台関係。蔡英文総統にはやりづらい相手だろうが、悲観的な影響ばかりとはかぎ

2016.11.14
シリア情勢

トランプ政権で、対シリア政策はどうなるのか

2016.11.11
日米関係

トランプ政権の対日外交に、日本はブレずに重厚に構えよ

2016.11.10
2016米大統領選

【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

2016.11.10
米大統領

【動画】「トランプはわたしの大統領ではない」全米各地で抗議デモ

2016.11.10
2016米大統領選

トランプ「大統領」のエネルギー政策

2016.11.10
欧州インサイドReport 木村正人

トランプ米大統領を誕生させた「生きさせろ」という脱工業化の呪い

<トランプの逆転勝利は、反グローバル化、反エスタブリッシュメントという意味ではブレグジットと同じ構図。職を奪われ人生を奪われた白人労働者の生

2016.11.10
国際政治の読み解き方 細谷雄一

ドナルド・トランプとアメリカ政治の隘路

<アメリカの理念が死んで、トランプが勝利した。1980年代に新自由主義の代償として生じた社会の分断。あと必要なのは、低所得層や貧困層の怒りの

2016.11.10
2016米大統領選

ドナルド・トランプが米既成政治に逆転勝利

2016.11.09
2016米大統領選

「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

2016.11.09
2016米大統領選

トランプを勝利させた「白人対マイノリティ」の人種ファクター

2016.11.09
  • 1

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!