コラム

ニクソンですら品行方正?──罪人に「良心も自制心もない」と言われるトランプ

2022年07月04日(月)13時19分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
ニクソン

©2022 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<税金トラブル、不祥事、権力乱用など、ニクソンとトランプには数多くの共通点がある。何よりも二人は文通仲間だった。ニクソンは共和党を追われたが、今や反トランプ議員が党から追われている>

トランプとニクソンは共通点が多いが、一部は偶然ではない。2人は昔文通していたし、トランプは「法と秩序」とか「狂人理論」など、ニクソンのレトリックや外交術を意図的にまねした面がある。

おそらく狙ってもいない共通点も多い。税金トラブル、不祥事、権力乱用、犯罪の疑惑なども両者の特徴だ。だが、大きな相違点がある。所属する共和党の2人への反応だ。

例えば、脱税疑惑を突っ込まれたとき。ニクソンの場合は大問題になり、確定申告書を開示した。トランプは「俺は賢いからな」と納税しない自慢をし、一切公開しない。それでも「有名税」を払っているからか、共和党員には許された。

また、1972年のウォーターゲート事件で不法侵入、盗聴などの疑いでニクソンの側近が訴追されたとき、ニクソン自身も大陪審に「訴追されない共謀者」と認定され、大騒ぎに。

トランプも、顧問弁護士が有罪になった選挙法違反の裁判で事実上の「起訴されない共謀者」となったが、共和党はぴくりとも反応しない。では訴追されたら違ったか? 

そうではない。トランプは訴追に当たる弾劾を2回もされたが、共和党からの支持は揺るがない。実はほかにも共通点はたくさんある。

■ニクソンは、ウソをついた。トランプも大統領の任期中、毎日平均で21もの「真実と異なる発言」をした。

■ニクソンは、司法省に働き掛け、捜査を止めようとした。トランプは、FBI長官を解任するなど捜査を妨害した。

■ニクソンは、選挙に勝つために不正をした。トランプは退任後の今も、敗北した選挙の結果を覆そうとしている。

こう見ると、「共通点」はあるが、度合いの違いが著しい。ニクソンの法律顧問だったジョン・ディーンは「ニクソンは恥を知る人。良心も......自制心もあった。でもドナルド・トランプはどうかな」と表現する。ちなみに、こう分析するディーン自身も司法妨害で有罪になっている。

罪人に「良心も自制心もない」と言われたトランプだが、共和党によって辞任に追い込まれたニクソンと違って、いまだに党に擁護され、むしろ反トランプ議員が党から退けられている。

初めて思ったが、ニクソンの時代が恋しい。

ポイント

50 YEARS AFTER WATERGATE......
ウォーターゲート事件から50年......

I AM NOT A CROOK...BY TODAY'S GOP STANDARDS!
私はペテン師ではない...今日の共和党の基準では!
(ニクソンがウォーターゲート事件を弁明して発言した「私はペテン師ではない」のもじり)

 2022080916issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年8月9日/16日号(8月2日発売)は「世界が称賛する日本の暮らし」特集。日本人が気付かない日本の魅力を16人に聞いた。パックン/アルトゥル/カン・ハンナ/レニック/本音座談会…

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

FBI、最高機密文書など押収 トランプ氏邸宅宅捜索

ビジネス

ロシア、第2四半期成長率マイナス4.0%=統計局

ワールド

中国習主席、米大統領と11月直接会談へ 3年ぶり外

ワールド

欧州熱波でライン川水位低下、大型船航行不能 物流阻

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中