コラム

M&M'sのキャラが「セクシー」じゃなくなった! という主張の「気持ち悪さ」(パックン)

2022年02月08日(火)18時35分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
M&M'sチョコ(風刺画)

©2022 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<アメリカの保守派に絶大な影響力を持つFOXの人気司会者カールソンが、M&M'sチョコのキャラクターの「多様性」を猛烈に批判したが......>

アメリカの保守派に最も影響力を持つ人のランキングがあれば、トップを飾るのはトランプ前大統領に違いない。だが第2位は保守系放送局の代表格FOXニュースの人気司会者、タッカー・カールソンだろう。

カールソンの冠番組は昨年、ケーブルテレビのプライムタイムで視聴率1位を獲得。視聴者数は中道路線であるCNNの看板司会者、アンダーソン・クーパーの番組の倍以上だ。カールソンは、昨年タイム誌の「最も影響力のある100人」にも選ばれた。一方、クーパーは2017年にピープル誌の「最もセクシーなニュースメン」の1人に選出されたから、まあ、引き分けだね(?)。

カールソンの人気は十分理解できる。鋭い分析と卓越したコミュニケーション能力で、国民にとって最も大事なテーマについて世論をリードする。例えば「お菓子のマスコットキャラクターは十分セクシーかどうか」とか。

冗談ではないよ。チョコレート菓子M&M’sの製造元マース社は先月、ダイバーシティ(多様性)の受け入れ促進のため、M&M’sのキャラクターたちのデザイン変更を発表した。例えば、茶色のキャラは従来のステレオタイプ的な女性像を見直して、履いている靴がピンヒールからヒールの高さが低いものになった。

これにカールソンが怒りを爆発させた。「セクシーじゃなくする。これが進歩だ」と皮肉を吐き、「M&M’sはキャラを魅力ゼロの両性的なものにするまで満足しないだろう。一緒に一杯飲みたくない状態。それがゴール。性的に興奮しなくなれば、平等の達成だ」と、厳しく非難した。

ピンヒールを履いたM&M'sに興奮?

風刺画では、M&M’sのロゴがトランプのスローガンMaga(Make America Great Again=アメリカを再び偉大に)に変わり、昨年の連邦議会議事堂乱入で有名になったデモ参加者と似た角付きの毛皮の帽子をかぶった熱狂的なトランプ支持者として描かれている。そしてI’m a straight white male...but still sexy!(異性愛者の白人男性だが......それでもセクシーだ!)とほえている。

これがTucker Carlson’s preferred M&M character(タッカー・カールソンが好むM&M’sのキャラクター)であったら、確かに気持ち悪い! カールソンは議事堂乱入の参加者を擁護するし、性的少数者を軽蔑する発言が多いのは確か。だが、こんなキャラがセクシーだと本気で思っていると決め付けるのは少しかわいそうかもしれない。

でも心配ご無用。そもそもカールソン自身の発言からうかがえる、「ピンヒールを履いているM&M’sと一杯飲みたい! 性的に興奮する!」という嗜好自体が十分気持ち悪いからね。

 20220705issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年7月5日号(6月28日発売)は「広がるインフレ 世界経済危機」特集。ウクライナ戦争、急激なインフレ、食料・エネルギー不足、そして米バブル崩壊。「舵取り役」なき世界経済はどこへ


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

G7、対ロ圧力強化表明へ ウクライナに「前例ない」

ワールド

豪炭素排出量、21年は1%近く増加 コロナ禍から経

ビジネス

中国、オンショア人民元の取引時間延長を検討=関係筋

ビジネス

中国恒大集団に会社清算申し立て、香港高等裁で

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中