コラム

トランプが戦没者墓地を訪問しなかった理由(パックン)

2018年12月06日(木)18時40分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプが戦没者墓地を訪問しなかった理由(パックン)

The Reason Trump Skipped It / (c) 2018 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<トランプは人種、性別、民族、宗教、性的指向、ジェンダー、身体的な特徴など国民の「違い」を強調して、分断を深刻化させている>

11月10日、フランスで第1次大戦終結100周年の行事に参加したドナルド・トランプ米大統領は恒例の米戦没者墓地への訪問を取りやめた。理由は「雨が降っていたため」。なるほど。核の傘があっても、雨には利かないからね。帰国後の「復員軍人の日」にも恒例のアーリントン国立墓地(Arlington National Cemetery)訪問をしなかった。今度は「電話しなきゃいけなかったため」。なるほど。私用スマートフォンでの会話が中国に盗聴されていると報じられたから、電話を取り上げられたかな......。

と、僕は納得していたが、風刺画家は違う理由を推測。墓地に眠っている戦没者はほとんど big Hillary supporters(熱狂的なヒラリー支援者)だと読んだトランプは、skip it(飛ばしちゃおう)と訪問の見送りを決めている。死んだ人が誰を支持したって関係ないと、突っ込まれそうなところだが、共和党は選挙不正の1つとして「死者が投票している」とよく騒ぐ。トランプも大統領選挙の直後にそう主張し、「大規模な捜査をする」と公言した。もちろん、そんな実態もないし、捜査もしない。

皮肉にも、逆のことは起きている。10月に、ネバダの州議会議員選挙に共和党から立候補した売春宿のオーナーが残念ながら亡くなってしまった。にもかかわらず......3週間後の中間選挙で当選した! つまり、死んだ人が投票することはないが、生きている共和党員が死んだ人に投票したのは間違いない。

間違いなのは、風刺画で描かれているトランプの姿勢だ。連邦大統領なのに(トランプは「POTUS45=第45代大統領」)自分を支持しない人の味方をしない、黒人や女性をけなす、性転換を認めない、アメリカで生まれた外国人の子供の米国籍を否定するなどなど、人種、性別、民族、宗教、性的指向、ジェンダー、身体的な特徴といった国民が持つ「違い」をもって一部の人を敵視し、国の分裂を深刻化させる言動を繰り返している。

同時に、一部の国民だけを守り続ける。それは自分の base(政治基盤)。歴代大統領は偏った表現を避け、「みんなの代表」のイメージを重視したが、トランプは一部の人に有利な政策を取っている上、「The Trump base is far bigger & stronger(トランプの政治基盤はより強大になった)」とツイートしたりして、「一部主義」の意識を垣間見せる。

忘れられても、侮辱されても、戦没者はおそらく気にしない。でも、トランプは気を付けるべきだ。同じ扱いをされたら、生きている国民は気にする。そして投票をする。

<本誌2018年12月06日号掲載>


※12月11日号(12月4日発売)は「移民の歌」特集。日本はさらなる外国人労働者を受け入れるべきか? 受け入れ拡大をめぐって国会が紛糾するなか、日本の移民事情について取材を続け発信してきた望月優大氏がルポを寄稿。永住者、失踪者、労働者――今ここに確かに存在する「移民」たちのリアルを追った。

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 8

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    【要注意】スマホやヘッドフォンで若者たちが感電死

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!