注目のキーワード

コラム

「いざ立ち上がれ」という国歌を閲覧禁止にする中国共産党

2022年05月17日(火)17時47分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
中国

©2022 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<ロックダウンに不満な市民が流して気分を晴らしているのは、民衆を煽り、団結を呼びかける「国歌」。ウェイボーなど中国SNS上では閲覧できなくなっているという皮肉>

「立ち上がれ、飢えに苦しむ奴隷たち!/救世主は現れたことはなく、神や皇帝にも頼れない/真理のため戦おう/これが最後の戦いだ、明日までに団結せよ」(中国語版歌詞の翻訳)

19世紀後半にフランスで誕生した「インターナショナル(国際歌)」は、共産主義・社会主義を代表する革命歌としてとても有名だ。中国でも1921年の共産党結成以来、伝統的革命歌として、国慶節や党全国代表大会など重要な場面で歌われてきた。中国人なら誰でも知っている歌だ。

しかし上海でロックダウン(都市封鎖)が始まって以来、この革命歌をめぐる事情は一変した。自由を失い、食料も不足し、急激に生活が不便になった上海で、ある市民は政府を直接批判するのが怖いから、インターナショナルを自宅で流して不満を晴らした。すると、家を訪ねてきた警察に連行された。

中国の国歌として広く伝わる「義勇軍行進曲」の歌詞も、新浪微博などの中国SNS上で閲覧できなくなっている。「いざ立ち上がれ 奴隷を望まぬ人々よ!」と民衆をあおり立てる歌詞がロックダウン中の人々の憤まんを呼ぶ恐れがある、と当局が危険を感じたのかもしれない。

「義勇軍行進曲」がその歌詞を禁じられたのは、今回が初めてではない。1930年代に誕生したこの愛国歌は、民族解放の象徴的な歌として広く歌われた後、49年の建国宣言の時に代理国歌として天安門広場に響いた。

ところが60年代の文化大革命中、作詞者の田漢(ティエン・ハン)が批判されたことでその歌詞も禁じられ、一時は曲だけが演奏された。歌詞は「われわれは千秋万代にわたって毛沢東の旗を高く掲げて進め」と、毛沢東礼賛的な内容に変更され、文革終結直後の78年に正式な国歌となったが、82年に文革色が強く改革開放と合わないという理由で田漢の歌詞に戻された。

インターナショナルも国歌も「立ち上がれ」と労働者の団結を呼び掛ける。49年以前の国民党政府時代に民衆をあおるために利用したこの2つの革命歌を、政権を握った現在の共産党が危険視している。暴力革命で政権を奪い取った人々が次の暴力革命を恐れる──こんな皮肉はない。

ポイント

インターナショナル
1871年に仏社会党の要求によりフランスで作られた。1943年までソ連国歌。ウジェーヌ・ポティエ(欧仁・鲍狄埃)作詞。風刺画の楽譜上の数字は中国で広く使われる数字譜。

田漢
1898年湖南省生まれ。劇作家・詩人。1917年に日本に留学し、東京高等師範学校で学ぶ。20年帰国。32年共産党入党。66年からの文革で日本文化との関係性を批判され、68年に獄中で死去した。

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ソフトバンクG株が一時2%超安、エリオットによる株

ワールド

豪BHP、通期決算は実質利益26%増 商品価格高が

ビジネス

物言う投資家エリオット、ソフトバンクG株ほぼ全て売

ワールド

中国、台湾当局者7人に制裁 独立を支持=新華社

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

※次号は8/17(水)発売となります。

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局」は完全に逆転した

  • 4

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 5

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 6

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 7

    「暗号資産」も「仮想通貨」も間違った呼び方です(…

  • 8

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 9

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中