コラム

新型コロナウイルス感染爆発で露呈した中国政府の病い

2020年02月04日(火)18時40分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

China's Other Disease / ©2020 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<報道もなく、何も知らされていなかった武漢市民は安心して春節準備を進めていた。罪があるとすれば、それは市民ではなく......>

湖北省武漢市で発生した新型肺炎の感染者数は、中国国内外を合わせて1万人を大幅に超えた。死者は250人以上。湖北省全域がほぼ閉鎖状態となっている。

大混乱だが、1月初旬まで中国は全く何事もなさそうだった。なぜ一気に感染者が急増して、制御不能な状態に陥ったのか。ネットで公開された記事を整理して振り返ってみよう。

医学雑誌ランセットの論文によると、1番目の感染者が出たのは昨年12月1日。同月31日、59人の感染者確認という情報がネットに流出したが、翌日の元日には「武漢ウイルス性肺炎を捏造」という罪で医者を含む8人が警察に検挙された。

1月3日、武漢市衛生健康委員会は公式サイトで感染者44人、重症11人と発表。5日に感染者59人、重症7人と再び発表したが、地元メディアは全く報道しなかった。10日になってやっと「原因不明の肺炎は新型冠状(コロナ)ウイルス」という記事が1本だけ出たが、11日、新華社は「1月3日以降、新たな症例は見つかっておらず、ヒトからヒトへの感染も確認されていない」という記事を配信した。

このため、何も知らない武漢市民は安心して春節(旧正月)の準備を進めていた。18日、毎年の恒例行事として、約4万人が料理を持ち寄って春節を祝う「万家宴」が市内で開かれた。

検閲の一方で感染者数はどんどん増える。これ以上隠せないと判断したのか、20日になって中国の各メディアは一斉に大きく報道し始めた。そして23日午前2時過ぎ、いきなり「午前10時から武漢全域を閉鎖」という緊急命令が出た。市内の病院は超満員で、医者も医療設備も深刻に不足。恐怖のあまり逃げてきた武漢市民が、中国各地で追い払われている。 

罪があるのは武漢市民なのか。閉鎖の直前、のんびり春節コンサートを鑑賞していた湖北省の指導者たちは罪を問われなければならないが、この感染症が制御不能なほど拡散したのは、中央政府が国民の知る権利を無視したからではないか。

今回の新型肺炎は17年前の「非典」(SARS、重症急性呼吸器症候群)より深刻化する恐れがあると専門家は指摘した。混乱を見る限り、中国政府の「病い」も深刻だ。

【ポイント】
万家宴
春節前夜に一家でごちそうを食べる風習が、武漢市のあるコミュニティーで地域住民が料理を持ち寄る大イベントに。2011年には3万人が参加しギネスブックに世界記録と認められた。

非典
中国語でSARSは「非典型肺炎」あるいは「非典(フェイディエン)」。2002年11月に広東省で発生。中国のほか32の国と地域に広がり、8096人が感染、774人が死亡した。

<本誌2020年2月11日号掲載>

20200211issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月11日号(2月4日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」特集。歌人・タレント/そば職人/DJ/デザイナー/鉄道マニア......。日本のカルチャーに惚れ込んだ韓国人たちの知られざる物語から、日本と韓国を見つめ直す。

プロフィール

風刺画で読み解く中国の現実

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ECB、仏国債の臨時購入を検討せず=政策筋

ワールド

イラン、核開発計画に警告したG7声明を非難

ビジネス

米資産運用バンガード、マスク氏報酬案に賛成 テスラ

ワールド

フランス全土で極右政党の国民連合に対する抗議デモ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 3

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で…

  • 10

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story