コラム

新型コロナウイルス感染爆発で露呈した中国政府の病い

2020年02月04日(火)18時40分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
新型コロナウイルス感染爆発で露呈した中国政府の病い

China's Other Disease / ©2020 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<報道もなく、何も知らされていなかった武漢市民は安心して春節準備を進めていた。罪があるとすれば、それは市民ではなく......>

湖北省武漢市で発生した新型肺炎の感染者数は、中国国内外を合わせて1万人を大幅に超えた。死者は250人以上。湖北省全域がほぼ閉鎖状態となっている。

大混乱だが、1月初旬まで中国は全く何事もなさそうだった。なぜ一気に感染者が急増して、制御不能な状態に陥ったのか。ネットで公開された記事を整理して振り返ってみよう。

医学雑誌ランセットの論文によると、1番目の感染者が出たのは昨年12月1日。同月31日、59人の感染者確認という情報がネットに流出したが、翌日の元日には「武漢ウイルス性肺炎を捏造」という罪で医者を含む8人が警察に検挙された。

1月3日、武漢市衛生健康委員会は公式サイトで感染者44人、重症11人と発表。5日に感染者59人、重症7人と再び発表したが、地元メディアは全く報道しなかった。10日になってやっと「原因不明の肺炎は新型冠状(コロナ)ウイルス」という記事が1本だけ出たが、11日、新華社は「1月3日以降、新たな症例は見つかっておらず、ヒトからヒトへの感染も確認されていない」という記事を配信した。

このため、何も知らない武漢市民は安心して春節(旧正月)の準備を進めていた。18日、毎年の恒例行事として、約4万人が料理を持ち寄って春節を祝う「万家宴」が市内で開かれた。

検閲の一方で感染者数はどんどん増える。これ以上隠せないと判断したのか、20日になって中国の各メディアは一斉に大きく報道し始めた。そして23日午前2時過ぎ、いきなり「午前10時から武漢全域を閉鎖」という緊急命令が出た。市内の病院は超満員で、医者も医療設備も深刻に不足。恐怖のあまり逃げてきた武漢市民が、中国各地で追い払われている。 

罪があるのは武漢市民なのか。閉鎖の直前、のんびり春節コンサートを鑑賞していた湖北省の指導者たちは罪を問われなければならないが、この感染症が制御不能なほど拡散したのは、中央政府が国民の知る権利を無視したからではないか。

今回の新型肺炎は17年前の「非典」(SARS、重症急性呼吸器症候群)より深刻化する恐れがあると専門家は指摘した。混乱を見る限り、中国政府の「病い」も深刻だ。

【ポイント】
万家宴
春節前夜に一家でごちそうを食べる風習が、武漢市のあるコミュニティーで地域住民が料理を持ち寄る大イベントに。2011年には3万人が参加しギネスブックに世界記録と認められた。

非典
中国語でSARSは「非典型肺炎」あるいは「非典(フェイディエン)」。2002年11月に広東省で発生。中国のほか32の国と地域に広がり、8096人が感染、774人が死亡した。

<本誌2020年2月11日号掲載>

20200211issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月11日号(2月4日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」特集。歌人・タレント/そば職人/DJ/デザイナー/鉄道マニア......。日本のカルチャーに惚れ込んだ韓国人たちの知られざる物語から、日本と韓国を見つめ直す。

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
中国出身、作家、コラムニスト。ホテル管理、国際貿易などの仕事を務めたのち、98年に日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、個人的な視点で日本の生活や教育、文化を批判、紹介している。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

アリゾナ州の一部学区、17日から対面式授業再開 州

ワールド

北朝鮮の核関連施設、洪水で被害か=38ノース

ワールド

S&P、ベラルーシの格付け「下振れリスク高まる」 

ワールド

豪失業率、7月は22年ぶり高水準 就業者数は増加

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 8

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 9

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!