コラム

トランプの弁護人ジュリアーニは失言続き(パックン)

2018年05月17日(木)19時45分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプの弁護人ジュリアーニは失言続き(パックン)

(c)2018 ROGERS─PITTSBURGH POST─GAZETTE

<トランプ弁護団に抜擢された元ニューヨーク市長のルディ・ジュリアーニ――就任早々から口が滑りまくっている>

FBIの捜査や複数の裁判が続くドナルド・トランプ米大統領には弁護士が必要。しかし、複数の弁護士事務所に依頼しても断られているし、今までの弁護士が次々と辞任している。さらに、長年のフィクサー役だった個人弁護士のマイケル・コーエンも先月家宅捜索されて、自分の弁護でいっぱいいっぱいだ。困った!

そこで弁護団に抜擢されたのが元検察官で元ニューヨーク市長のルディ・ジュリアーニ。トランプの代弁者として大いに期待されていた。その意味で風刺画では拡声器として描かれている。

しかし就任して早々、口が滑りまくった。まず、FBIの捜査官をストームトルーパーと呼んでしまった。『スター・ウォーズ』の帝国軍ではなく、ドイツ軍のナチ党の突撃隊を指す別称だ。以前、政府の捜査官をナチ軍と揶揄した全米ライフル協会(NRA)のウェイン・ラピエール副会長が辞任に追い込まれたが、今回も大問題になり得る。

もっとまずいのはポルノ女優への口止め料をめぐる発言。2006年に一夜だけの関係を持ったとするポルノ女優のストーミー・ダニエルズ(本名ステファニー・クリフォード)は2016年の大統領選直前に秘密保持契約を結んだ。しかしトランプが署名しなかったため契約は無効だと、彼女は裁判で訴え、テレビで詳細を暴露した。例えば、初対面のトランプに雑誌でお尻ペンペンしたとか。トランプはずっと契約も関係も否定している。「そんなプレイ、おしりまぺん」ってね。

問題は彼女に支払われた13万ドルもの口止め料だ。大統領側はこれまで、コーエンが勝手に個人のお金で払ったと主張してきた。しかし、それが彼からトランプへの政治献金に当たれば、金額制限を超えるので法律違反。そこでジュリアーニはトランプがコーエンに口止め料(hush money)を返したとし、選挙資金問題(campaign finance issue)はないと主張した。

残念ながらそうであっても、選挙中の金銭授受は連邦選挙委員会に申告する義務があり、今度はトランプが申告漏れの共犯者になってしまうかもしれない。こんな弁護はめんごだ!

ここまでひどいと、トランプが本当に口止め料を払うべき相手はジュリアーニではないのか。

【ポイント】
NO CAMPAIGN FINANCE ISSUE!...WITCH HUNT!...FBI STORMTROOPERS!...HUSH MONEY WAS PAID BACK!...

選挙資金問題はない! 魔女狩りだ! FBIはストームトルーパー! 口止め料は返した!

WAIT...HOW DO I TURN THIS OFF?

あれ......これはどうやって止めるんだ?

<本誌2018年5月22日号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 2

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 6

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感…

  • 7

    【動画】中国の会社従業員「四つ這い」懲罰に非難殺到

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 6

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 7

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 8

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 9

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 10

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!