コラム

保守派コメンテーターの、見当違いな銃乱射対策のススメ(パックン)

2018年04月12日(木)17時40分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
保守派コメンテーターの、見当違いな銃乱射対策のススメ(パックン)

一部の共和党員の間ではこんな非常識な考え方が「本物のリーダー」の証しとして好まれる (c) 2018 ROGERS─PITTSBURGH POST─GAZETTE

<銃規制の強化を呼び掛ける高校生たちの活動を批判する保守派の人々。それにしても「蘇生法を学べ」とは見当違いも甚だしい>

保守派コメンテーターのリック・サントラムはいろいろな「元」の肩書を持っている。元上院議員で、共和党の元大統領選予備選候補。そして、元失言王なのだ。

イスラムとの戦いは「アメリカの基本的な価値観だ」と、十字軍を肯定した。「他人のお金で黒人の人生を良くしたくない」と、人種の概念から福祉制度を批判した。トランスジェンダーの権利保護は「危険」と反対。「同性愛の容認は重婚、近親相姦、不倫を容認するも同然だ......成人と児童の恋愛、人と犬の恋愛と一緒だ」と主張した。どれも天才的な失言だ!

しかし最近は「失言王」と言ったら、もちろんトランプ米大統領が先に挙がる。よほど悔しかったのか、タイトル奪還を狙ったのか、サントラムは先日また強烈な失言を放った。

17人が犠牲になったフロリダ州の高校銃乱射事件後、残された生徒を中心に銃規制の強化を呼び掛ける運動が活発化している。その一環で3月、首都ワシントンで約80万人が参加した行進をはじめ、東京など世界各地で銃規制を訴えるデモが行われた。リーダーの高校生は今や英雄視されている。

でもサントラムは気に入らないようだ。「彼らは問題解決を他人任せにしないで、例えばCPR(心肺蘇生法)の訓練を受けたりすべき」と批判。要は銃規制の法改正を訴えるより、銃乱射事件発生を前提とし、その対応を考えるべきだという。

当然、これには非難が殺到した。専門家が指摘したのは、CPRは心臓発作には役立っても、マシンガンで撃たれたときにはほとんど効果がないこと。風刺画に描かれているように喉に異物が詰まったときの救命法「Heimlich maneuver (ハイムリック法)」や苦い薬を飲みやすくする「Spoonful of sugar(ひとさじの砂糖)」と同じぐらい無意味だ。ある医師がツイートしたとおり、撃たれてCPRを受けるよりも最初から撃たれないほうが生存率は断然高い。

一般人から見ると言語道断の失言だが、一部の共和党員の間ではこんな非常識な考え方が「本物のリーダー」の証しとして好まれる。だから失言王が大統領になれる。サントラムも心配しなくていい。むしろ政治家としての蘇生につながるかも。

【ポイント】
RICK SANTORUM'S GUN MASSACRE FIRST AID CLASS

リック・サントラムの銃乱射の際の救急処置クラス

DON'T WHINE ABOUT LAX GUN LAWS, TAKE ACTION!
緩い銃規制について愚痴を言うのでなく、行動を起こせ!

"IF NONE OF THIS WORKS IT MEANS THE VICTIM WAS PROBABLY BLACK, GAY OR TRANSGENDER!"
「どれも効果がなかったら、被害者はおそらく黒人かゲイかトランスジェンダーだったのでしょう!」

<本誌2018年4月17日号掲載>

今ならうるせぇトリのスタンプGET!

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!