コラム

「今でも共和党最大の人気者」トランプと民主党の密約などあり得ない

2021年02月03日(水)14時00分

マッカーシー下院共和党院内総務(右)は一時トランプを非難したが……TOM BRENNERーREUTERS

<起訴されない保証と引き換えにおとなしくするという手打ち説はでたらめ。謀反を起こした重鎮議員も中間選挙に向けトランプにひれ伏した>

トランプ前大統領のアカウントを停止したフェイスブックとツイッターの決定は、形を変えた第45代大統領への援護射撃だ。

1月20日に退任の日を迎えたトランプは、側近や家族を前に10分間のスピーチを行い、大統領専用機に乗り込んだ。このときのトランプは敗北に打ちひしがれた様子だった。顔色は悪く、体重も減ったように見えた。

アメリカ史上最も公正な選挙を「盗む」ことに失敗したトランプは、数週にわたり怒り狂った末に疲れ果て、今にも自殺しそうだったという説もある。自国政府に対する流血の反乱を引き起こしたトランプに嫌気が差した政権高官や閣僚は、正式な任期切れを待たずに次々と辞任。身内だったはずの共和党下院議員も10人が賛成に回り、トランプは2度弾劾訴追された史上初の大統領となった。

それから2週間で何という変わりようだろう。今や旬の話題はトランプの追放ではなく復活だ。

トランプは上院の弾劾裁判で有罪評決を受ける最初の大統領になるより、現代のクリーブランド──「連続ではない2期」を務める大統領になる可能性のほうが高い。筆者はそうなる確率は少なくとも25%あるとみている。2024年に共和党の大統領候補になる確率は50%だ。

一気に流れが急変した背景には、トランプの行動の変化がある。大統領退任後に起訴されない保証と引き換えに、おとなしくしているという条件で民主党と密約があったのではないかという噂も出ている。だが、民主党がそんな取引をするとはどう考えてもあり得ない。

むしろトランプの行動が変わった理由は、ごく単純な話だろう。SNSというコミュニケーションの主要ツールを奪われたせいで、衝動的に怒りが湧き上がっても、それを表現する「口」がなくなってしまったのだ。

暴言が鳴りを潜めたおかげで、共和党はトランプと交わり、支持する口実ができた。トランプは依然としてアメリカ史上、共和党内で最も人気のある人物であることに変わりはない。

次の重要な選挙日程は、共和党員同士が争う22年中間選挙の予備選だ。トランプの弾劾に賛成したり、あるいは批判的な言葉を口にしただけで、反トランプと見なされた政治家は予備選で討ち死にする公算が大きい。

ケンタッキー州のある共和党当局者は、トランプ信者の共和党員の間の支持は大統領選当時より厚いと語り、現時点で共和党の最高位にある上院議員(ミッチ・マコネル院内総務)への問責決議まで口にした。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ワールド

緊急事態判断、「強いメッセージ」必要と専門家が指摘

ビジネス

ホンダの今期、営業益横ばい見込む 販売回復も原材料

ビジネス

第1四半期末の中国投信販売残高、アントが首位=業界

ビジネス

暗号資産、マスク氏ツイートで乱高下 ビットコイン週

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中