コラム

トランプの成績表:サイボーグ超えの破壊力で自国の評判を落としたが...

2019年12月19日(木)11時45分
トランプの成績表:サイボーグ超えの破壊力で自国の評判を落としたが...

TRASH=ごみ箱、U.S. ALLIES=アメリカの同盟国 ILLUSTRATION BY ROB ROGERS FOR NEWSWEEK JAPAN

<外交、経済、内政、安全保障――「ガキ大将」をどう評価するか? リーダーとしての能力と資質からアメリカ政治を読み解く。世界の首脳を査定した本誌「首脳の成績表」特集より>

ドナルド・トランプが今も大統領職を続けているのは現代の奇跡と言っていい。単純に死亡率のデータから言っても、彼ほど太った男が睡眠不足で絶えず怒りを爆発させながら世界で最も過酷な職務を3年も続け、体力の衰えすら見せないのは驚異としか言いようがない。何か特別なスタミナ源でもあるのだろうか。
20191224issue_cover200.jpg
その超人的な「重力」は、共和党主流派の軌道までゆがめてしまったようだ。2016年の大統領選予備選であれほどトランプの指名に抵抗していたのに、ほぼ全員があっさりと彼の周りを回り始めた。

今や共和党はトランプの党だ。共和党支持者の90%超がトランプの実績を認めている。1期目のこの時期では歴代の共和党大統領の中で最高だ。トランプはまずまず安定した支持基盤を確保して再選を目指すことになる。ヒラリー・クリントンを破った前回の大統領選と比べ、今のほうが足場は盤石かもしれない。しかも、いま民主党の指名を争っている面々の中にはクリントンほど手ごわい相手はいない。

外交でトランプは選挙戦中の公約をおおむね果たした。予測不能で失言・暴言が目立つが、国際社会への関与からアメリカを引き戻した点は一貫している。イランとの核合意や気候変動対策しかり、EU、NATOとの同盟関係しかり。トランプは一国主義を貫くために最大限努力した。

テロ組織ISIS(自称イスラム国)掃討には政権の総力を挙げて取り組んだ。その最高指導者の首を討ち取った快挙を、トランプは選挙戦で大いにアピールするだろう。

中国には貿易戦争を仕掛け執拗に「口撃」を繰り返して、新興の超大国を戦略的なパートナーから敵国に位置付け直した。トランプを快く思っていない人たちも、この動きはおおむね黙認しているようだ。

さらにトランプは北朝鮮の領土に足を踏み入れ、在イスラエル米大使館をエルサレムに移転し、オバマ前政権によるキューバとの国交回復を後戻りさせた。次々に大仕事を成し遂げたという意味では外交の評価は高いかもしれない。それにしても国務省の重要なポストの多くが空席のままで、これほど数々の荒業をやってのけた大統領はほかにいない。優秀な人材はキャリアと評判が傷つくことを恐れて、気まぐれな大統領の下で働こうとはしなかった。

有権者の良識が問われる

トランプは経済でも既存路線とは全く違った方向へ舵を切った。TPPを離脱、EUや日本などに貿易協定の締結を求め、カナダ、メキシコとの貿易協定を改定した。税制改革を実施し、法人税率を大幅に引き下げて短期的には景気を拡大させた。

【参考記事】文在寅の成績表:これといった成果なくレームダックが懸念だが...

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ワールド

ノルウェー、9日のOPECプラス会合参加を検討 減

ビジネス

米消費者が失業や債務支払い懸念、新型コロナで=NY

ビジネス

ECB、週間の債券買取額が過去最高 コロナ対応で

ワールド

独、コロナ制限措置の緩和へ行動計画策定 マスク着用

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!