コラム

【2020米大統領選】バイデンの「1期だけ」作戦は意外な好手

2019年12月25日(水)17時45分
【2020米大統領選】バイデンの「1期だけ」作戦は意外な好手

バイデンが大統領になれば任期中に80歳を超えるが STEVE MARCUS-REUTERS

<大統領選でバイデンが勝てば就任時には78歳。1期4年間という職務期間はトランプ政権を断ち切り、有権者の不安を軽減させることもできる理にかなった選択かもしれない>

アメリカの大統領は、2期目の中間選挙が終わると「レームダック(死に体)」と呼ばれるようになる。残り任期が2年を切ると、3選を禁じた憲法の規定もあり、役人や有力政治家に対する影響力が低下するからだ。

そのため民主党の大統領候補指名レースで先頭を走るジョー・バイデン前副大統領が、大統領に当選しても1期のみで退任する意向を示唆したと伝わると、驚きの声が上がった。1期での退任が決まっていれば、もっと早くレームダック化する可能性がある。本人は取材に対し、「まだ1期目の選挙に勝ってもいない。今はそれに集中する」と語り、曖昧な態度を取っている。

バイデンは全米規模の世論調査でかなりのリードを保って民主党の候補者指名争いでトップの座を守り、現職のトランプ大統領との一対一の対決でも、大半の調査で優位に立っている。だが、これまでの選挙パフォーマンスはひどいものだった。

候補者討論会では口ごもったり言い負けたりする場面が目立ち、過去7回の討論会で「勝者」と認定されたことは1度もない。記者の簡単な質問にも、まともに答えられないことが多い。選挙対策チームは失態を恐れ、遊説の回数を大幅に減らした。

選挙戦の構図を変える可能性も

バイデンが大統領選に勝てば、2021年1月の就任時点で78歳。アメリカ人の平均寿命とほぼ同じ年齢だ。普通に考えれば、世界で最も過酷な職務をこなせるとは思えない。その点で「1期だけ」を宣言すれば、不安の一部を軽減する効果はあるかもしれない。

「1期だけ」作戦に意味があると思える理由はほかにも2つある。まず、穏健派のバイデンは大胆な改革を唱えていない。やりたいことをやるのに2期8年は必要ないかもしれない。

バイデンのやりたいこと──それは信頼できる世界のリーダーとしてのアメリカの評判を回復させることだ。本来なら、前回の2016年大統領選こそバイデンにとってチャンスだったが、立候補を見送った。ということは、今回の立候補は純粋な愛国心の発露と言ってもいいかもしれない。

自分がトランプとの直接対決に勝てる可能性が最も高い候補者であることを、バイデンは知っている。だからこそ、2期8年のトランプ政権という悪夢からアメリカを救うために参戦したというわけだ。もし共和党の現職大統領がまともな人物だったら、おそらく出馬しなかったのではないか。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ワールド

世界のマスク市場が「無法化」、米の買い占めに各国が

ワールド

NY州、新型コロナの1日死者数が最多に 全米感染者

ビジネス

米雇用3月は70.1万人減、9年半ぶり減少 失業率

ワールド

OPECプラス、過去最大の減産協議 世界供給量の約

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 7

    新型コロナウイルス経済対策、現金給付は生活困窮者…

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    新型コロナ対策「日本式」を継続するべきか?

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 7

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!