コラム

民主党女性議員4人組「スクワッド」とトランプは似たもの同士

2019年08月14日(水)14時30分
民主党女性議員4人組「スクワッド」とトランプは似たもの同士

(左から)プレスリー、オマル、トレイブ、オカシオコルテスの4人組 ERIN SCOTT-REUTERS

<どちらも全米では「好き」より「嫌い」のほうが多い――トランプの差別ツイートは再選のための作戦か>

トランプ米大統領が7月14日に発した「国に帰れ」という悪意あるツイッターは、4人の女性下院議員に対する正面攻撃だった。トランプは民主党左派のこの4人について、「政府が完全かつ全面的に破綻した国の出身者だ」と、事実と異なる説明をした。

4人の女性はいずれもアメリカ市民であり、3人はアメリカ生まれ。残るイルハン・オマルは12歳でアメリカに移住した。

このツイートは激しい非難を浴び、最終的に下院で非難決議が採択された。実際、法律の教科書に載るような差別行為の典型例だ。まともな民間企業なら、即時解雇だろう。

ニューヨーク14区選出の元バーテンダー、アレクサンドリア・オカシオコルテス(29)。ミネソタ州5区選出の3児の母、イルハン・オマル(36)。マサチューセッツ州7区選出のアヤナ・プレスリー(45)。そしてミシガン州13区選出のラシダ・トレイブ(43)。

「スクワッド」と呼ばれるこの4人組は、なぜトランプをここまで怒らせたのか。彼女たちは政界の常識を破壊する「ゲームチェンジャー」なのか。

スクワッドは多くの点でトランプとよく似ている。どちらも「政治の時代」の一つの象徴だ。トランプと同じく、彼女たちもほとんど一夜にして政界のスターの座に上り詰めた。

4人組を利用する作戦

彼女たちが選挙で獲得した票は、アメリカ人全体から見ればごくわずかだが、メディアへの影響力は相当なものだ。最もいい例がオカシオコルテスだろう。

彼女が民主党の下院予備選で獲得したのは1万6000票足らずだが、ベテランの現職議員を破る大番狂わせだったせいで一気に注目の存在になった。今ではツイッターとインスタグラムのフォロワー数は民主党で断トツの1位。2位以下の大物議員7人の合計より多い。

今はSNSをうまく使える候補者が政治エリートとその体制をたたきつぶせる時代だ。トランプは16年の大統領選で、スクワッドは18年の中間選挙でそれをやってみせた。

今の彼女たちは巨大な影響力を持っている。4人の中で最も知名度が高いオカシオコルテスは、大統領経験者を除けば民主党で最も選挙の際に推薦してもらいたい政治家になった。

誰の推薦が最も価値があるかを有権者に尋ねたところ(上位5人まで複数回答)、1位はオバマ前大統領の70%、2位はビル・クリントン元大統領で28%、3位はカーター元大統領の27%、オカシオコルテスは25%で4位だった(ヒラリー・クリントンは24%で5位、ナンシー・ペロシ下院議長は22%で6位)。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ビジネス

英小売売上高、1月は横ばい 個人消費の低調継続=C

ビジネス

FRB利下げなら債務返済や借り換えに注力=トランプ

ビジネス

世界経済に中期リスク、一段の金融緩和で解決できず=

ワールド

OPEC、協調減産6月まで延長も 新型肺炎で需要減

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪誘致

  • 3

    中国が新型コロナウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身…

  • 5

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 6

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 7

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 8

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 9

    新型コロナウイルス、感染状況まとめ

  • 10

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 5

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 9

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 10

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 6

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 7

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!