コラム

「小さな男」トランプが支配するアメリカに、「大きな男」マケインの死が響く

2018年09月07日(金)15時45分
「小さな男」トランプが支配するアメリカに、「大きな男」マケインの死が響く

夫のひつぎに寄り添うマケイン夫人(8月29日、アリゾナ州フェニックス) REUTERS

<勇気、誠実、礼節......脳腫瘍で世を去ったマケインは、その死を侮辱した誰かとは違う器の大きい男だった>

ジョン・マケイン米上院議員の死に対し、2つの都市は対照的な反応を見せた。

マケインの家族が脳腫瘍の治療中止を公表したとき、首都ワシントンにある私が所属するジョージタウン大学では、彼の勇気と誠実さ、礼節を褒めたたえ、時代を代表する偉大な政治家の1人と評価する声であふれ返った。人々はベトナム戦争で捕虜になったときの勇気あふれる行動、財政改革と移民制度改革に注いだ情熱を称賛した。

08年の大統領選で見せた品位ある振る舞いも話題になった。共和党の大統領候補だったマケインは、民主党のバラク・オバマ候補に対する不安を表明する支持者の発言を遮り、「彼は善良な男です。政策上の意見が私とたまたま違うだけです」と諭した。

オバマの勝利が決まると、美しい敗北宣言の演説を行った。マケインはオバマの資質と彼が当選した意味について、自分の政策よりも多くの時間を割き、全てのアメリカ人に党派間の分断の克服と団結を訴えた。

一方、私が特別教授を務める学術機関があるロシアの首都モスクワでは、反応が大きく異なっていた。マケインは有名な「ロシア嫌い」であるだけでなく、政治的な負け犬だという評価が目立った。マケインは大統領になれなかっただけでなく、閣僚の経験すらない。政策面でもほとんど成果を上げていない。イラク戦争についても判断を誤り、開戦を支持した。

最晩年のマケインは上院でトランプ大統領に反対していたが、08年大統領選で当時のアラスカ州知事サラ・ペイリンを副大統領候補に指名した本人の判断が反知性主義、反移民、ポピュリズムの台頭を招き、結果的にトランプ大統領の登場を可能にした。そんな人物がなぜこれほどの敬愛と喝采を集めるのか、疑問視する論調が多かった。

ある人物の正当な評価を知りたければ、故人をよく知る人々の反応を見るといい。民主党のチャールズ・シューマー上院院内総務は、政策面では長年マケインの政敵だったが、すぐにマケインの名を上院議員会館に冠するべきだと表明した。大統領選で争ったオバマやブッシュだけでなく、マケインがベトナム戦争中に拷問を受けた捕虜収容所の元所長までが哀悼の意を表明した。

マケインは何度も選挙に負けた。戦争や政策をめぐる誤りもあった。だが、彼は常に「大きな男」だった。

マケインの評価がここまで真っ二つに割れるのは、「見たいものを見る」人間の性質のせいでもある。トランプ支持者は、私がロシアで耳にしたものと同様の反応を示すはずだ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ワールド

アングル:原油が記録的供給過剰に、生産増とアジア景

ワールド

対イタリア制裁手続き勧告へ、欧州委が21日に=関係

ワールド

英産業界、メイ首相のEU離脱案を支持 「合意なし」

ワールド

アングル:土俵際のメイ英首相、後任候補の顔ぶれ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 3

    安倍首相は「三つの原則」と言っていなかった──日本の代表カメラの収録から

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    人肉食が予防した不治の病

  • 6

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    中国のスパイ技術はハイテクだけじゃない

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    リー首相「アジアはもうすぐアメリカか中国を選ばな…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    人肉食が予防した不治の病

  • 5

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 10

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    安倍首相はよく耐えた!

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    人肉食が予防した不治の病

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!