コラム

「小さな男」トランプが支配するアメリカに、「大きな男」マケインの死が響く

2018年09月07日(金)15時45分
「小さな男」トランプが支配するアメリカに、「大きな男」マケインの死が響く

夫のひつぎに寄り添うマケイン夫人(8月29日、アリゾナ州フェニックス) REUTERS

<勇気、誠実、礼節......脳腫瘍で世を去ったマケインは、その死を侮辱した誰かとは違う器の大きい男だった>

ジョン・マケイン米上院議員の死に対し、2つの都市は対照的な反応を見せた。

マケインの家族が脳腫瘍の治療中止を公表したとき、首都ワシントンにある私が所属するジョージタウン大学では、彼の勇気と誠実さ、礼節を褒めたたえ、時代を代表する偉大な政治家の1人と評価する声であふれ返った。人々はベトナム戦争で捕虜になったときの勇気あふれる行動、財政改革と移民制度改革に注いだ情熱を称賛した。

08年の大統領選で見せた品位ある振る舞いも話題になった。共和党の大統領候補だったマケインは、民主党のバラク・オバマ候補に対する不安を表明する支持者の発言を遮り、「彼は善良な男です。政策上の意見が私とたまたま違うだけです」と諭した。

オバマの勝利が決まると、美しい敗北宣言の演説を行った。マケインはオバマの資質と彼が当選した意味について、自分の政策よりも多くの時間を割き、全てのアメリカ人に党派間の分断の克服と団結を訴えた。

一方、私が特別教授を務める学術機関があるロシアの首都モスクワでは、反応が大きく異なっていた。マケインは有名な「ロシア嫌い」であるだけでなく、政治的な負け犬だという評価が目立った。マケインは大統領になれなかっただけでなく、閣僚の経験すらない。政策面でもほとんど成果を上げていない。イラク戦争についても判断を誤り、開戦を支持した。

最晩年のマケインは上院でトランプ大統領に反対していたが、08年大統領選で当時のアラスカ州知事サラ・ペイリンを副大統領候補に指名した本人の判断が反知性主義、反移民、ポピュリズムの台頭を招き、結果的にトランプ大統領の登場を可能にした。そんな人物がなぜこれほどの敬愛と喝采を集めるのか、疑問視する論調が多かった。

ある人物の正当な評価を知りたければ、故人をよく知る人々の反応を見るといい。民主党のチャールズ・シューマー上院院内総務は、政策面では長年マケインの政敵だったが、すぐにマケインの名を上院議員会館に冠するべきだと表明した。大統領選で争ったオバマやブッシュだけでなく、マケインがベトナム戦争中に拷問を受けた捕虜収容所の元所長までが哀悼の意を表明した。

マケインは何度も選挙に負けた。戦争や政策をめぐる誤りもあった。だが、彼は常に「大きな男」だった。

マケインの評価がここまで真っ二つに割れるのは、「見たいものを見る」人間の性質のせいでもある。トランプ支持者は、私がロシアで耳にしたものと同様の反応を示すはずだ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ビジネス

米コストコ、四半期売上高が予想上回る 買いだめ需要

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ビジネス

ユーロ堅調、リスク選好改善で=NY市場

ビジネス

米株反落、大統領令巡りツイッター・FB株が下落

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 7

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 8

    コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気…

  • 9

    韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多…

  • 10

    NEWS手越祐也「活動自粛」に見るジャニーズ事務所の危…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!