コラム

双方の副大統領候補がともに「条件クリア」を証明したテレビ討論

2020年10月09日(金)15時45分
双方の副大統領候補がともに「条件クリア」を証明したテレビ討論

サンディエゴの飲食店のテラス席でモニターに映し出された7日のテレビ討論会 Mile Blake-REUTERS

<バイデンの立ち位置を忠実に代弁したハリスと、中途半端なトランプ擁護に終始したペンス>

10月7日(水)、副大統領候補テレビ討論がユタ州のソルトレイクシティーで行われました。今回は史上最悪と言われた大統領候補の第1回討論とは違って、発言妨害や罵倒合戦はなく整然と進行しました。発言時間をオーバーしたり、都合の悪い質問についてすり替えを行ったりすることは結構ありましたが、とにかく90分間、まともな議論として進行したのは9月29日の第1回大統領テレビ討論とは大違いでした。

ペンス副大統領の場合は、トランプ大統領が病身ですし、ハリス候補の場合はバイデン候補が高齢ということで、両候補ともに、「いつでも大統領に昇格できる」資質を期待されているわけですが、今回の討論を通じてその条件をクリアしているという証明はされたと言って良いと思います。

特に強く印象に残ったのは、ハリス候補が90分の討論を通じて一貫して「バイデンはこうする」とか「ジョーはこう考えている」という言い方で、バイデン候補の立場を忠実に代弁し、当選した場合の新政権の方向性を示していたことでした。一方で、ペンス副大統領には、トランプ闘病という事態を受けて、ペンス主導による共和党本流との連携路線などが見えるかとも思ったのですが、そうした言動はなく、やや中途半端なトランプ擁護の言動が目立っていました。

今回のテレビ討論は「引き分け」

この点も含めて、今回の副大統領討論は基本的に想定内に終わり、勝負ということでは「未決定層の投票行動を変えるには至らなかった」つまりは引き分けということだと思います。

そこで改めて、10月15日に予定されている第2回大統領選テレビ討論が注目されることとなりました。この大統領候補同士の第2回の討論については、実は現時点では開催が決まっていません。というのは、事前に両陣営も加わって決定していたルールでは、テレビ討論の72時間前にPCR陰性を証明できなければ候補は参加できないというルールになっているからです。

自分は健康になったと自信満々の大統領ですが、少なくとも10月2日には血中酸素濃度が下降、発熱もあり、酸素吸入もしたという大統領がそんなに簡単に陰性になるとは思えません。そこで、バイデン陣営は「リモートでの開催」を提案しているのですが、大統領はこれを拒否しています。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

英サービス部門PMI、11月は47.6に低下 速報

ビジネス

11月独サービス部門PMI改定値は46.0に低下、

ビジネス

ユーロ圏総合PMI改定値、11月は45.3に大幅低

ビジネス

政策会合後に金融機関と今後も会合予定=レーンECB

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期政権はどう向き合うべきか?

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    トランプが敗北してもアメリカに残る「トランピズム…

  • 6

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    カリブ海の深海で熱気球のような新種の有櫛動物が発…

  • 9

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 10

    コロナ感染の母から生まれた新生児、抗体もちながら…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!