コラム

変化が遅い米大リーグ、時代に取り残される危機感はあるのか?

2020年06月11日(木)16時40分
変化が遅い米大リーグ、時代に取り残される危機感はあるのか?

MLBはシーズン開催をめぐってリーグと選手の協議が難航している Jonathan Ernst-REUTERS

<黒人差別抗議デモにいち早く連帯を示したフットボール、自動車レースとは対照的に、大リーグとその選手には時代に対応する動きは見られない>

5月25日にミネソタ州で起きた、白人警官による黒人男性ジョージ・フロイド氏に対する暴行死事件では、全国的にデモが広がる一方で、アメリカのスポーツ界にも大きな影響を及ぼしています。

まずアメリカフットボール連盟(NFL)では、ニューオーリンズ・セインツのクウォーターバック(QB)ドリュー・ブリー選手が、「フロイド氏の事件に対する抗議として、NFLの選手が国歌斉唱の際に膝をついたらどうするか?」と問われ、「誰であっても国旗を侮辱するのには賛成しない」と返答して、「大炎上」しました。

このエピソードは、もちろん2016年以来NFLで行われている、国歌斉唱時に人種差別への抗議の意思を示すために「膝をつく」行動が、賛否両論を呼んで、リーグ全体が大きく揺れてきたことをふまえたものです。

例えばトランプ大統領は、この「膝をつく」ことを国旗への侮辱だとして罵倒し続けてきました。ですが、今回のブリー選手の発言は、全国レベルで反対の大合唱となりました。そして、驚くべきことが起きました。NFLのロジャー・グッデル・コミッショナーは、「NFLは抗議の声に耳を傾けるべきだった」として、今回の事件によってあらためて問題提起された「BLM(ブラック・ライブズ・マター)運動」に理解を示しつつ、NFLの姿勢に対する反省を述べたのです。

抗議デモへの連帯を示したNASCAR

グッデル・コミッショナーの発言は、抑制が効いたものであり、また「膝つき抗議行動」によって選手生命を中断された格好のコリン・キャパニック選手の名前を出すことはありませんでした。また、ブリー選手を名指しで批判したものでもありませんでした。ですが、コミッショナーの誠実な語り口は、「NFLが変わろうとしている」というメッセージとして全米に伝わったのは事実だと思います。

保守派の牙城、それこそトランプ派の象徴と思われている、アメリカ式の自動車レース「NASCAR」でも大きな動きがありました。主要なドライバー中の唯一のアフリカ系選手であるブーバ・ワレス選手が「BLACK LIVES MATTER」という文言をペイントしたレースカーを披露したのです。車にはまた「共感、愛、相互理解」というスローガンも掲げられていました。

この動きと合わせて、連盟はかねてから懸案となっていた「観客による南部連邦旗の持ち込みを全面禁止する」ということを発表したのです。理由は「NASCARは全てのファンのためのものであり、誰かが不快になるような問題は避けねばならない」というものでした。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

ワールド

焦点:富裕国の仁義なき「ワクチン争奪戦」、対コロナ

ワールド

ロシア・中国・イランが米大統領選に介入、情報当局が

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に団結する中東諸国

  • 4

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 5

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 6

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 7

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 8

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 9

    バットマンに乳首を付けた男の生き様

  • 10

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 6

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 7

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 10

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!