コラム

コロナ危機の渦中でも止まらない米政治の党派対立

2020年04月07日(火)17時45分
コロナ危機の渦中でも止まらない米政治の党派対立

これだけの事態を前にしても「トランプ流」を変えない Joshua Roberts-REUTERS

<秋の大統領選を意識するトランプは、この危機の只中にあっても党派対立を煽ろうとしている>

建国以来のアメリカ政治は、左右の対立構図を常に抱えてきました。ですが、国家全体が危機に陥った時には、対立はひとまず棚に上げて団結を誇り、一丸となって危機に対処するという伝統もあります。

今回のコロナ危機に関しては、4月5日にジェローム・アダムス公衆衛生長官が宣言したように「第二次大戦」や「9・11」に匹敵する危機だと言われています。確かに、第二次大戦や「9・11」の際には、与野党は団結して政権を支え、危機に対処する動きとなっています。

ですが、今回のコロナ危機に関しては、どうもそうではないようです。確かに、トランプ大統領は、3月13日の金曜日を転換点として、毎日必ず定例会見を行うようになり、最新の情勢に基づいて指示や布告を出しています。

そうした活動はとりあえず機能していますし、国民の支持もあります。また、その結果として、大統領の支持率もかなり改善しています。ですが、その支持というのは、実は大統領に対するものではなく、専門家のブレーンであるアンソニー・ファウチ博士、デボラ・バークス博士、そしてアダムス長官の3人への支持だという声もあります。

というのは、大統領は危機に際しても全く「トランプ流」のスタイルを変えていないからです。

各州が人工呼吸器の要求を「水増し」?

例えばですが、感染爆発が起きている州では「人工呼吸器の確保」が切迫した課題になっています。こうした事態を見越して、各州の知事は事前に連邦政府に対して「人工呼吸器の台数確保の要求」をしてきました。ですが、大統領は「要求を多めに吹っかけている」などと批判し続け、今でも「各州の要求は水増しがある」などと悪態をついています。

ニューヨーク州などの医療現場では、人工呼吸器の不足のために「麻酔用機材」や「動物用人工呼吸器」で代用したり、2人の患者を1台の人工呼吸器で管理したりする厳しい綱渡りが続いています。更に最悪の場合には、救命対象者を選別するという悲劇的な事態も発生しています。つまり1台1台が人命に直結しているのですが、それでも大統領の姿勢は変わりません。

共通の理念に立つことはせず、敵味方を区別して取引で物事を決着させるという、「トランプ流」を、危機が最悪期に差し掛かり、毎日1000人という人が救命できずに亡くなるという事態においても変えていないのです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

都区部コアCPI5月は+0.2%と予想外の上昇、巣

ビジネス

鉱工業生産4月は9.1%低下、3カ月連続マイナス 

ワールド

トランプ米大統領、SNS企業の保護弱める大統領令に

ビジネス

ブラジル中銀総裁、非伝統的政策オプションに消極姿勢

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 8

    コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気…

  • 9

    韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多…

  • 10

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!