Picture Power

【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と

MODERN DOGS AT HOME

Photographs by NANCY BARON

2020年09月12日(土)17時10分
【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と

<Charlie、犬種:スタンダード・パーティー・プードル、建築家:ウィリアム・ラッセル、1963年>「4本足の家族がいない家は『ホーム』とは言えない。いつもパラダイスで暮らしていたい」

<カリフォルニアの高級住宅街パームスプリングスでは、住人たちにとって犬は欠かせない家族の一員>

犬は、いかなるときも私たちを支え、癒やし、無償の愛を与えてくれる。コロナ禍により自宅での時間が増えた現在では、人類最良の友の存在はますます重要になっている。

米カリフォルニア州のリゾート地パームスプリングスは、第2次大戦後に花開いたミッドセンチュリーデザインを基調とした建築物が立ち並ぶ高級住宅街でもある。豊かで美しく、平穏だった時代のライフスタイルを楽しむ住人たちにとっても、犬は欠かせない家族の一員となっている。

写真家のナンシー・バロンは長年、この町を生活拠点の1つとし、住人として町の魅力をカメラに収めてきた。その集大成として、今月末に写真集『パームスプリングス:モダン・ドッグス・アット・ホーム』が発売される。

そこに映し出されるのは、開放感な空間と洗練されたインテリアを備えた家々。そして、もう1つの主役であるペットの犬たちだ。写真に添えられた飼い主たちの言葉からも分かるように、周囲のデザインと完璧に調和した犬たちは、住人の完璧主義的なライフスタイルへのこだわりとともに、彼らの生活に与えられたぬくもりを感じさせる。

PPDOGS02.jpg

<Jimmy、犬種:ジャック・ラッセル・テリアとシーズーのミックス、建築家:ドナルド・ウェクスラー、1960年>「ジミーがいると自然と笑顔になれる。ストレスを感じた日でも、ジミーは私たちを落ち着かせてくれる。そこにいるだけで、毎日の生活に大きな喜びを与えてくれる」


PPDOGS03.jpg

<Lillian(左)、Rena、犬種:オーストラリアン・キャトル・ドッグ(左)、ラブラドール・レトリバー、建築家:ジャック・マイゼルマン、1957年、車:1963年型 シボレー・コルベア・モンザ>「2匹は私たちにとって、とても大きな存在。それに2匹が車から顔を出したり寝そべっているだけで、通りすがりの人たちも笑顔になる」


PPDOGS04.jpg

<Ella、犬種:イングリッシュ・シェパード、建築家:ドナルド・ウェクスラー/リチャード・ハリソン、1959年>「明るくモダンな家を、より温かく刺激的にしてくれる。Ellaの静かなエネルギーは、ロサンゼルスの喧騒を離れたパームスプリングスの雰囲気に完璧にマッチしていると思う」


PPDOGS05.jpg

<Winston、Peanut(机の下)、犬種:スムース・フォックス・テリア、ボーダー・テリア(机の下)、建築家:ドナルド・ウェクスラー、1965年>「これまで常に室内で2匹の犬を飼ってきた。彼らが一緒に遊ぶ姿を眺めたり、それぞれ違う性格をしているのを見つけたりするのが楽しい。いつも愛らしく、忠実でいてくれる」

ニュース速報

ワールド

安倍前首相が靖国参拝、「退任を報告」とツイッターに

ワールド

アングル:豪州ビザ無効の中国人研究者、「絵文字で有

ワールド

焦点:湾岸2カ国とイスラエルの国交正常化、サウジも

ワールド

アングル:燃料需要、学校再開で増加 公共交通機関は

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 4

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 5

    ペンスの元部下が怒りの内部告発「トランプはアメリ…

  • 6

    2万年以上前のホラアナグマ、ほぼ完全な状態で発見さ…

  • 7

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 8

    トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

  • 9

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 10

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 1

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 6

    仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

  • 7

    【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

  • 8

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 1

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 4

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 5

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!