Picture Power

【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して

CALIFORNIA TRIP REVISITED

Photographs by DENNIS STOCK

2019年08月30日(金)18時30分
【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して

スタンダップコメディアンのレニー・ブルースをしのぶロックフェスティバル(ロサンゼルス・ベニスビーチ) ©Dennis Stock/Magnum Photos

<ヒッピームーブメント真っただ中の60年代のカリフォルニアは「人類の未来の実験場」だった>

往年の名写真家、デニス・ストック。数々のハリウッド・スターを撮り、なかでも夭逝した俳優、ジェームズ・ディーンとの関係はよく知られている。スターに駆け上がる直前、雨の中たばこをくわえるディーンの姿を写した一枚は、彼が死後、伝説になったことで歴史に残る作品とされている。

ストックは米カリフォルニア州を「人類の未来の実験場」と呼んだ。彼が撮影のため州内を旅した1960年代末は、特にそんな雰囲気だった。折しもヒッピームーブメントの真っただ中。社会、文化、政治において、世界全体が揺れ動いていた。

当時のカリフォルニアは、時代の最先端のあらゆる要素を内包していた。「性の解放」や薬物による精神世界の探求を追い求める人々もおり、保守的な人間にとって「非現実的」で恐ろしい場所、とストックはカリフォルニア州を形容している。

州内のシエラネバダ山脈から美しい砂浜、スピリチュアルな冒険に身を投じる人々、最先端の科学技術......。多面的な風景を99枚の白黒写真で捉えた写真集『カリフォルニア・トリップ』は、時代の価値観を映す古典的名作になっている。


ppcal02.jpg

州南部の沿岸都市サンディエゴの道路 ©Dennis Stock/Magnum Photos


ppcal03.jpg

ネバダ州との州境のタホ湖近くの道路標識によじ登る男性 ©Dennis Stock/Magnum Photos


ppcal04.jpg

ベニスビーチに寝そべる人々 ©Dennis Stock/Magnum Photos

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    【韓国経済データ】対日輸出動向(2019年1~8月)

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 8

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 9

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 10

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!