Picture Power

【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して

CALIFORNIA TRIP REVISITED

Photographs by DENNIS STOCK

2019年08月30日(金)18時30分
【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して

スタンダップコメディアンのレニー・ブルースをしのぶロックフェスティバル(ロサンゼルス・ベニスビーチ) ©Dennis Stock/Magnum Photos

<ヒッピームーブメント真っただ中の60年代のカリフォルニアは「人類の未来の実験場」だった>

往年の名写真家、デニス・ストック。数々のハリウッド・スターを撮り、なかでも夭逝した俳優、ジェームズ・ディーンとの関係はよく知られている。スターに駆け上がる直前、雨の中たばこをくわえるディーンの姿を写した一枚は、彼が死後、伝説になったことで歴史に残る作品とされている。

ストックは米カリフォルニア州を「人類の未来の実験場」と呼んだ。彼が撮影のため州内を旅した1960年代末は、特にそんな雰囲気だった。折しもヒッピームーブメントの真っただ中。社会、文化、政治において、世界全体が揺れ動いていた。

当時のカリフォルニアは、時代の最先端のあらゆる要素を内包していた。「性の解放」や薬物による精神世界の探求を追い求める人々もおり、保守的な人間にとって「非現実的」で恐ろしい場所、とストックはカリフォルニア州を形容している。

州内のシエラネバダ山脈から美しい砂浜、スピリチュアルな冒険に身を投じる人々、最先端の科学技術......。多面的な風景を99枚の白黒写真で捉えた写真集『カリフォルニア・トリップ』は、時代の価値観を映す古典的名作になっている。


ppcal02.jpg

州南部の沿岸都市サンディエゴの道路 ©Dennis Stock/Magnum Photos


ppcal03.jpg

ネバダ州との州境のタホ湖近くの道路標識によじ登る男性 ©Dennis Stock/Magnum Photos


ppcal04.jpg

ベニスビーチに寝そべる人々 ©Dennis Stock/Magnum Photos

ニュース速報

ビジネス

インド政府、エア・インディアで全株式売却を計画

ワールド

トランプ米大統領弁護団スター氏、「政争の具」と弾劾

ワールド

弾劾裁判でボルトン氏招致の可能性高まる、共和党4議

ワールド

NZ首相、9月19日の総選挙実施を発表へ=現地紙

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 3

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 5

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 6

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 7

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 8

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 9

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 10

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!