コラム

百年にわたる家族の物語から「過去の克服」を探求する『ハイゼ家 百年』

2021年04月23日(金)17時30分

家族の物語から繰り返される歴史をあぶり出す『ハイゼ家 百年』(C) ma.ja.de Filmprodktion / Thomas Heise

<監督の家族が保管してきた100年にわたる手紙や日記から、激動のドイツの歴史をあぶりだし、独自の「過去の克服」を探求する...... >

旧東ドイツ出身のトーマス・ハイゼ監督が作り上げた『ハイゼ家 百年』は、ハイゼの家族が保管してきた遺品を精査し、素材とすることで、三世代にわたる家族の歩みを描き出す218分の大作ドキュメンタリーだ。

素材になるのは、手紙や日記、履歴書の下書きなどで、それらをもとにしたハイゼ自身のモノローグと家族の写真、ベルリンやドレスデン、ウィーンで撮影された様々な映像が組み合わされていく。その物語は第一次大戦に始まり、ホロコーストやドレスデン爆撃、東ドイツにおける秘密警察シュタージの監視を経て、ベルリンの壁崩壊後の時代に至る。

ハイゼは家族の歩みを描くためになぜこのような方法を選択したのか。海外のインタビューにそのヒントになるような発言がある。

子供の頃によく祖母の家で遊んでいたハイゼは、化粧台の裏に手紙を入れた箱が置かれているのに気づいた。興味を覚えた彼は手紙を持ち出し、字が読めるようになるとすぐに読みだした。それは彼の父親が強制労働収容所から祖母に送った手紙だった。彼の父親は、ある世代のドイツ人すべてが、加害者であれ被害者であれホロコーストについて語りたがらないように、胸の内を決して明かさない人間だった。ハイゼは手紙を通してそんな父親の隠れた一面を知るようになった。

個人と歴史の関係を浮き彫りに

本作では、ハイゼが家族の手紙や日記を通して彼らの心情を掘り下げ、緻密な構成によって個人と歴史の関係を浮き彫りにしていく。

ベルリンで教師をしていたハイゼの父方の祖父ヴィルヘルムとウィーンに暮らすユダヤ人で彫刻家の祖母エディトは、1920年代に出会って恋に落ち、結婚する。そんなエディトの手紙には、ベルリンに嫁ぐことへの不安も垣間見られる。やがてハイゼの父となるヴォルフガングと弟のハンスが生まれるが、ナチスの台頭とともに混血婚の夫婦は迫害にさらされるようになり、ヴィルヘルムは教職を追われ、エディトは彫刻家の仕事の機会を奪われ、公の場に出ると罰せられた。

しかしその頃、ウィーンではユダヤ人を取り巻く状況がさらに悪化の一途をたどっていた。ハイゼは、ユダヤ人のポーランドへの移送が進行するウィーンの状況を独特のアプローチで表現する。画面には移送されたユダヤ人のリストが延々と映し出され、エディトの父親や姉から送られてくる手紙のモノローグが流れ、次第に追い詰められていく家族の姿が想像され、やがて連絡が途絶える。

結果として、ベルリンに嫁いだエディトは生き延びることになる。

ハイゼの父ヴォルフガングと母ロージー(ローゼマリー)の出会いにも、歴史が大きな影響を及ぼしている。ハイゼは、ふたりが出会う以前、40〜50年代のロージーの体験と心情を掘り下げることで、歴史の影響を浮き彫りにしていく。ここで中心的な素材になるのは、以前からロージーと親密な関係にあり、西ドイツに暮らす男性ウドが彼女に送った手紙と、ロージーの日記だ。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

豪NSW州、新規感染者が過去最多262人 都市封鎖

ワールド

フィリピンCPI、7月は7カ月ぶり低い伸び コロナ

ビジネス

米自動車大手、30年までに新車のEV比率最大50%

ビジネス

午前の日経平均は反発、連日の好決算発表が株価下支え

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

  • 4

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 5

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 6

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

  • 9

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

  • 10

    仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 8

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 9

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中