コラム

二人の女性の避けられない運命と内なる解放を描く『燃ゆる女の肖像』

2020年12月03日(木)17時20分

カンヌ映画祭で脚本賞とクィア・パルム賞の二冠に輝いた『燃ゆる女の肖像』 (c) Lilies Films.

<18世紀の女性画家に対する女性監督の深い洞察が、ふたりのヒロインの複雑な心理を見事に炙り出していく...... >

カンヌ映画祭で脚本賞とクィア・パルム賞の二冠に輝いたセリーヌ・シアマ監督の新作『燃ゆる女の肖像』では、18世紀の女性画家に対するこの女性監督の深い洞察が、ふたりのヒロインの複雑な心理を見事に炙り出していく。

物語は、画家マリアンヌが小舟でブルターニュの孤島にたどり着くところから始まる。彼女はその島に建つ館に暮らす伯爵夫人から、娘のエロイーズの見合いのための肖像画を依頼されていた。

伯爵夫人と対面した彼女は、その依頼に一風変わった条件があることを知る。エロイーズには画家であることを伏せ、散歩の相手として振る舞い、内密に絵を仕上げてほしいというのだ。エロイーズは結婚を拒み、前に雇った画家には決して顔を見せなかった。

それでもなんとか肖像画を完成させたマリアンヌだったが、エロイーズにその絵を否定され、自ら顔の部分を拭ってしまう。描き直しを要求する彼女に、エロイーズがモデルになることを申し出たため、伯爵夫人は彼女が島を離れる5日間だけ猶予を与える。正面から向き合うことになったふたりは、お互いを知り、やがて一線を越えるが、別れのときは刻一刻と迫っている。

女性画家の多くは匿名での活動を余儀なくされていた

眼差しや表情で複雑な感情を表現するノエミ・メルランとアデル・エネルの演技、蝋燭や暖炉、焚火の炎による陰影や変化に富む海岸線の景観を絵画のようにとらえた映像も素晴らしいが、やはり当時の女性画家の立場を押さえた脚本がなければ本作は成り立たない。

そこでまず頭に入れておきたいのが、アメリア・アレナスの『絵筆をとったレディ--女性画家の500年--』にある以下のような記述だ。これが大前提になるだろう。

images1203b.jpeg

『絵筆をとったレディ--女性画家の500年--』アメリア・アレナス 木下哲夫訳(淡交社、2008年)


「十九世紀まで(そして場合によっては二十世紀に入ってかなりの時が経過するまで)、傑出した女性美術家といえばたいがいが著名な美術家の娘、妻、あるいは愛人に決まっていた。何世紀にもわたり、画家と彫刻家は、金細工師や家具職人など『高度な技術を有する』職人の大半と同様に、ごく年少の頃に徒弟として専門職の工房に弟子入りし、修業を終えて独り立ちするとギルドの会員になる教育課程を経たものだが、女性にはこうした道は閉ざされていた」

さらに同書でもうひとつ注目したいのが、以下の記述だ。


「十八世紀には王侯貴族の用命に応える女性肖像画家の新たな一群が台頭する。大いに盛名を博したこれらの女性たちは、啓蒙時代のヨーロッパ諸国の宮廷とよく馴染んだ」

シアマ監督が特に関心を持ったのがこの時代で、1770年の画家を想定してマリアンヌのキャラクターを作り上げているが、彼女のリサーチの結果は少し異なる。


「実際は100名ほどの女性画家が成功をおさめ、その作品の多くは有名美術館の所蔵品となっているものの、歴史に書き手の名は残っていない」(プロダクションノートより)

つまり、女性画家の多くは匿名での活動を余儀なくされた。本作は、そうしたことを踏まえてみると、ディテールがみな興味深く思えてくる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

FRB、最低23年末までゼロ金利維持を=ミネアポリ

ワールド

欧州の防衛自律性、NATOとの共存可能=仏大統領

ワールド

カナダ、不要不急の渡航禁止を7月21日まで延長

ワールド

米加州、ワクチン接種デジタル証明を開始 義務化はせ

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 2

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正反対の判決に動揺広がる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 5

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 6

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    国民の不安も科学的な提言も無視...パンデミック五輪…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 3

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中