コラム

戦争のトラウマがない新しいセルビア映画を作る『鉄道運転士の花束』

2019年08月16日(金)13時33分

『Mali svet』では、建物の屋上から飛び降りて死のうとしている医者の運命が、目的地への道の選択を誤る警官のコンビ、高価な携帯を持ち逃げするなどして捕まった容疑者とケーキ屋を営む彼の妻らの運命と複雑に絡み合うことによって、変化していく。結局、医者の人生はハッピーエンドを迎えるが、その過程には滑稽で不条理な悲劇がちりばめられている。

本作も自殺しようとするシーマの運命が好転していくという点では、この長編デビュー作の話術が引き継がれているが、新作の魅力はブラックコメディだけではない。

運転士として人を殺すということ

筆者が本作を観ながら思い出していたのは、以前コラムで取り上げたトーマス・ステューバー監督のドイツ映画『希望の灯り』のことだ。この2作品には明らかな共通点がある。

『希望の灯り』では、道を踏み外した孤児のような若者がスーパーマーケットで働き始める。その職場は平凡で小さな世界に見えるが、東ドイツ時代の記憶を共有する人々がゆるやかな連帯関係を保つ聖域になっている。若者はそんな特別な空間で父親的な存在に出会い、彼からフォークリフトの操作技術を引き継ぐことが、自己と世界の新たな関係を構築するイニシエーション(通過儀礼)となる。

本作では、孤児のシーマがイリヤに助けられ、列車の車両を再利用した鉄道員たちの宿舎で暮らすようになる。本作の場合は、先述した監督の指針があるため、背景にセルビアの具体的な歴史が描かれているわけではないが、やはり宿舎という平凡で小さな世界が聖域に見えてくる。

鉄道員たちは、就業中に自分の家族を殺してしまったり、家族を他の運転士に殺された過去をそれぞれに背負いながらも、連帯関係を保っている。その宿舎ではたくさんの花々が栽培されているが、それは犠牲者たちに手向けるためのものであることがわかる。また、イリヤと臨床心理士のやりとりを描いたプロローグも、外部の人間には宿舎に暮らす人々が共有する痛みを理解できないことを示唆している。

シーマはそんな特別な空間で成長し、養父イリヤの運転士という仕事を引き継ごうとする。しかし本作では、シーマが運転士になることがイニシエーションになるわけではない。運転士として人を殺したときに初めて、この共同体に受け入れられ、帰属することになるのだ。だから、運転士にはなったものの、いつどこでその瞬間が訪れるのか不安で仕方がないシーマは、ノイローゼになっていく。そんなシーマの運命は、イリヤの運命とも深く結びついている。

ブラックコメディと神話的な物語

そこでもう一度、『希望の灯り』を振り返ってみると、この父子の関係がより興味深く思えてくるはずだ。『希望の灯り』の父親的存在は、妻と暮らしているように装っているが、終盤の悲劇的な展開によって彼がひとりだったことがわかる。それは彼が過去に深くとらわれていたことを物語る。

本作のイリヤも、シーマが親の手を離れるに従って、次第に遠い昔に亡くした最愛の女性の幻影にとらわれていく。そしてついには、自分が犠牲になることで、シーマを一人前にしようと考えるようになる。

本作の最大の見所は、運転士シーマがどのように人を殺し、イリヤが幻影を拭い去るかというところにある。ラドヴィッチ監督は、そんなクライマックスに至るまで滑稽で不条理な悲劇を繰り出し、ブラックコメディと神話的な物語を見事に両立させている。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ウイルス潜伏、中国で27日間の症例 想定より長い可

ワールド

米国務省、感染広がる日韓への渡航警戒レベルを引き上

ワールド

新型ウイルス、日本への懸念の声なかった=G20で麻

ワールド

米国務省、感染広がる日韓への渡航警戒レベルを引き上

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とスキルの分離が組織を滅ぼす

  • 3

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に突撃取材した

  • 4

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「…

  • 5

    「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

  • 6

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 7

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 10

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 8

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!