コラム

30年間贋作を制作し、資産家や神父を装って美術館に寄贈し続けた男

2015年10月30日(金)17時00分

『美術館を手玉にとった男』史上最も善意ある贋作者の衝撃のドキュメンタリー (c) Purple Parrot Films

 『美術館を手玉にとった男』は、とんでもなくユニークな贋作者を題材にしたドキュメンタリーだ。事の発端は、2008年にオクラホマシティ美術館のレジストラー(情報管理担当者)、マシュー・レイニンガーが、マーク・ランディスなる人物によって寄贈された作品が贋作だと気づいたことだった。彼は他の美術館に問い合わせるなど調査を始め、驚くべき事実が明らかになっていく。ランディスは30年にわたって多様なスタイルを駆使して贋作を制作し、資産家や神父を装って美術館を訪れ、慈善活動と称してそれらを寄贈していた。騙された美術館は全米20州、46館にも上った。

 ともに美術界にバックグラウンドを持つふたりのドキュメンタリー作家が、「ニューヨーク・タイムズ」の記事でランディスのことを知ったとき、事件の背景はまだ解明されておらず、謎に包まれていた。そこで彼らはランディスに接触し、その実像に迫っていく。

『美術館を手玉にとった男』

 そんな映画は意外な展開を見せる。ランディスは贋作者の典型的な人物像には当てはまらない。才能を証明することや権威を失墜させること、金儲けなどにはまったく関心がない。ちなみにFBIも捜査はするが、金銭を受け取っていないため罪には問われない。1955年生まれのランディスは10代の頃に統合失調症と診断され、精神疾患による疎外感に苛まれてきた。そんな彼がとる行動は、自分をコントロールするための自己流のアートセラピーと見ることができる。と同時にこの映画は、最初に贋作を見破ったレイニンガーにも迫る。彼はランディスに執着し、仕事を失っても彼を追いつづける。そして、彼らの思惑や感情が絡み合っていくとき、美術や贋作に留まらないテーマが浮かび上がってくる。

 そこで、このドキュメンタリーとぜひ対比してみたいのが、スティーヴン・スピルバーグの『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(02)だ。有名な詐欺師の実話に基づくこの映画は、1963年から始まる。16歳の主人公フランクの父親は、第二次大戦でフランスに駐留しているときに母親に出会った。父親を尊敬していたフランクは、事業の失敗や浮気が原因で両親が離婚したことに激しいショックを受け、家を飛び出して詐欺師としての才能を開花させる。彼はパイロット、医師、弁護士へと次々に姿を変えていく。そして、そんな詐欺師を執拗に追いつづけるのがFBI捜査官カールで、ふたりの間には絆が芽生えるようになる。

スティーヴン・スピルバーグ『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(02)

 このドラマには、スピルバーグ自身の体験や世界観が反映されている。少年時代の彼は、戦時中に爆撃機の無線師だった父親が語る戦争の話に夢中になった。その後、人種差別や両親の離婚を体験した彼は、表層的で画一的な郊外の世界に強い違和感を覚えるようになる。やがて映画監督となった彼は、本物と偽物が鮮やかに転倒するような独特の話術を身につけていく。それがこの映画にもよく表れている。詐欺師フランクは、本物の世界に潜む偽者といえる。カールは、偽物としてのフランクを受け入れている唯一の人物であり、偽物であることを見抜きつづけることによって、いつしか彼らは本物の家族になる。スピルバーグは本物と偽物が転倒するドラマを通して、表層にとらわれた世界に揺さぶりをかける。

 『美術館を手玉にとった男』は、時代背景と話術の両面でこの映画に通じる魅力を放っている。ランディスの父親はアメリカ海軍の中尉で、少年時代の彼は両親とともにロンドンやパリ、ブリュッセルなどで暮らした。そしてパーティーなどで両親が家を空けているときに、美術館のカタログにある絵を模写する習慣を身につけた。10代の彼が最初に統合失調症と診断されるのは、父親を癌で亡くした後のことだった。やがて彼は先述したように、贋作を制作し、慈善活動を繰り返すようになる。さらに、この映画が撮影される2年前に彼は母親を亡くし、その行動がエスカレートしている。

 そんな彼の行動で見逃せないのは、優れた贋作者でありながら、生活圏が一般の人々となにも変わらないことだ。彼は画材をウォルマートのようなディスカウントストアで調達している。絵画の裏面はコーヒーで染みをつけて古く見せかける。10代の頃に母親からプレゼントされたことが記憶に焼きついているテレビの影響も大きい。彼は作業中に必ず古い映画を流しつづけている。美術館を訪れるときに演じる資産家や神父は、映画の登場人物がヒントになっている。つまり彼は、絵画だけでなく演劇も含めた自己流のアートセラピーを実践しているわけだ。

 一方、ランディスを執念で追いつづけるレイニンガーの心理も興味深い。彼自身もある記事のなかで認めているように、贋作を見抜いたのが彼だけとは限らない。たとえ気づいたとしても美術館のキュレーターやディレクターが、贋作をつかまされたことをおいそれと認めるはずもない。しかし、レイニンガーは事実を公にするだけではなく、ランディスの才能を評価し、魅了されていく。だから贋作を見抜きつづける。そして、なんとか慈善活動を止めさせようと悩むうちに、美術館のかつての同僚がランディスの個展を開くというアイデアを思いつく。

 この映画は、ランディスがオリジナルを否定し、贋作の制作に励む場面から始まるが、いつしか彼のアートセラピーがオリジナルなものになり、オリジナルに固執しながら表層にとらわれている人々や社会に揺さぶりをかけていくことになる。

●映画情報
 『美術館を手玉にとった男』
監督:サム・カルマン、ジェニファー・グラウスマン
公開:2015年11月21日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー
配給:トレノバ
(C)Purple Parrot Films

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

マイナス金利深掘りは慎重な検討を、収益に大きな影響

ビジネス

午後3時のドルは110円付近、FOMC待ちでこう着

ワールド

中国「台湾巡る共謀に対応」、軍用機の台湾防空識別圏

ビジネス

東京五輪、安全・安心な大会実現し多様なレガシーを創

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 2

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親族が発見 インド

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 9

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 10

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中