コラム

転機の日本経済 小幡 績
転機の日本経済 小幡 績

米経済学者のアドバイスがほとんど誤っている理由

<日本にアドバイスするアメリカの大物経済学者は、なぜ間違ったことばかりを言うのか。日銀には、「永久緩和」以外の選択肢はない> (ベン・バーナ

2016.10.02
転機の日本経済 小幡 績

日銀の今回の緩和を名付けてみよう──それは「永久緩和」

 今日の追加緩和は、追加緩和なし、という解釈が主流のようである。そんな馬鹿な。  意見がほぼ同じであると思っているBNPパリバ証券の河野龍太

2016.09.26
転機の日本経済 小幡 績

日銀は死んだ

 日銀は死んだ。  自殺である。  個人の自殺は、些細なことで行われてしまうことが多く、なんてもったいない、と第三者は思うし、周囲はやりきれ

2016.07.29
転機の日本経済 小幡 績

アベノミクス論争は無駄である

<論じても不毛なアベノミクスが、あるべき経済政策論議を混乱させている。本当に大事な論点は何か、整理する>  アベノミクス論争は無駄である──

2016.07.07
転機の日本経済 小幡 績

【論点整理】英国EU離脱決定後の世界

 論点を整理してみよう。 1)離脱は最終決定なのか。撤回はありうるか  理論的にはありうる。  署名も200万人以上集まっている。  ただし

2016.06.26
転機の日本経済 小幡 績

英国のEU離脱は、日本の誰が考えているよりも重い

 英国のEU離脱は、日本の誰が考えているよりも重い──なぜか。  それは、21世紀の世界の暗雲を象徴しているからである。  まず、なぜこのよ

2016.06.25
転機の日本経済 小幡 績

英国EU離脱は、英国の終わり、欧州の衰退、世界の停滞をもたらす

 英国の国民投票は、EU離脱支持が残留支持を上回り、今後2年をかけて離脱することが決まった。ただし、政治的に、これをもう一度やり直すという可

2016.06.24
転機の日本経済 小幡 績

中央銀行は馬鹿なのか

 日本銀行が先週の政策決定会合で、金融政策の現状維持を決定した。これが市場をパニックに陥れた。  発表直後から、日経平均株価は大暴落、前日比

2016.05.02
転機の日本経済 小幡 績

【市場】いよいよ終わりの始まりが始まった

 いよいよ終わりの始まりが始まった。それは日銀のマイナス金利で始まったのである。  現在の金融市場混乱の原因は何か。それは銀行システム不安で

2016.02.12
転機の日本経済 小幡 績

マイナス金利で日本経済の何が変わるのか

 マイナス金利で日本経済の何が変わるのか──何も変わらない。変わるとすればデフレを引き起こすぐらいだ。  短期的には円安が進む以外は何も変わ

2016.02.01

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!