コラム

軽井沢発、異色の学校が教育界を変える?

2013年07月18日(木)10時00分

浅間山のふもとに完成したISAKの校舎(中央)と寮

浅間山のふもとに完成したISAKの校舎(中央)と寮

 英語教育が話題になると必ず、「英語なんてただの道具。何を話すかという中身のほうが大切だ」と反論する声があがる。優劣をつけられる類のものではないと思うが、確かに一理ある。現在発売中の本誌7月23日号の英語特集「TOEFL時代を制する英語術」でも、TOEFL対策予備校の先生が、英語力以前に「そもそも自分が何を訴えたいのか思いつかない日本人が多い。物事を批判的に考え、自分の言葉で発信する経験が非常に少ない」と嘆いている。

 物事を批判的にとらえる思考力や、自分の意見を堂々と主張できるディベートの力──。これらは日本の教育システム全体がかかえる課題として昔から問題視され、さまざまな試行錯誤も行われてきた。でも、具体的に何をすればいいのか、明確な指針はいまだに見つかっていないように思える。

 そんな日本の教育界にとって1つのロールモデルになるかもしれない学校が生まれようとしている。長野県・軽井沢町の別荘地に来年秋に開校するインターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)だ。

 ISAKは、高校1〜3年(各学年50人)が英語で学ぶ日本初の全寮制インターナショナルスクール。アジアを中心に世界各国から選抜された生徒が親元を離れて単身留学する高校で、日本人の生徒も3割程度入学する見込みだ。

 めざすのは、知性と思考力を備え、リスクを取って変革を起こせるアジアのリーダーを育てること。思考力や表現力を重視した国際バカロレア(IB)のカリキュラムをベースに、単に正解を教えるのではなく、徹底的な討論や体験学習を通じて「考える方法」を磨く、探求型の双方向授業が展開される。

 授業はすべて英語で行われるから、もちろん高い英語力が身につく。だが、3年前から行われているサマースクールを見ると、最大の魅力は、世界中から集まった仲間との共同生活そのものにあるようだ。さまざまな国や社会階層出身の生徒が寝食を共にすることで、多様な背景をもつ人との関わり方を肌で学べる(潤沢な奨学金が用意されており、社会的・経済的に恵まれない家庭の子も入学できる)。カフェテリアや寮の運営を任され、衝突や失敗を重ねながらルールを作り上げていく体験も、リスクを冒して何かに挑んだり、リーダーシップのあり方を模索する格好の場になる。与えられた課題に答えを出す力より、自分で問題そのものを嗅ぎ付け、その解決策を編み出す力こそが必要だいう信念は、学校生活のあらゆる場面に息づいている。

 こんなユニークな学校が、インターナショナルスクールとして初めて、文科省の認可を受けた「1条校」(いわゆる「普通」の日本の高校という位置づけ)になったことには、大きな意義があると思う。実際、この7月に校舎や寮が完成したばかりの小さな学校に寄せられる期待は非常に大きい。

 設立準備財団代表理事の小林りんさんが「アジアに変革を起こせるリーダーを育てる学校をつくりたい」と動き出してから5年。壮大な夢が校舎完成という節目を迎えるまでには、リーマンショック後の資金難や教育行政の壁など数々のハードルがあったという。7月の3連休に軽井沢で行われた竣工式では、早い時期からISAK構想を応援してきた出井伸之・ソニー元社長と日本アイ・ビー・エムの北城恪太郎・相談役が「実は本当に出来るなんて思っていなかった」と口をそろえ、会場を沸かせたほどだ。

12〜14人の共用スペースである寮のリビングルーム。日中は少人数授業の「教室」として使われることも。

12〜14人の共用スペースである寮のリビングルーム。日中は少人数授業の「教室」として使われることも。

 いくつもの難局を乗り越えられたのは、「日本の教育を変えなければまずい」という危機感を共有する多くの賛同者が手弁当でサポートを続けたおかげでもある。建築費を含めた総予算15億円のうち8億円が個人や団体からの寄付金で、企業からの支援も相次いでいる(セコムは警備システムの設備とメンテナンスを無償で提供。リクシルから寄付された太陽光発電パネルは、「売電」によって毎年300万円の奨学金を生む見込みだ)。

 日本の教育界に風穴を開ける存在になってほしいというサポーターたちの期待は、すでに現実になりつつある。安倍政権が国際バカロレアの認定校を200校に増やす構想を掲げるなか、竣工式に参列した文科省の担当者は、ISAKが「いい先例」になることで改革を進めやすくなる、とエールを送った。

 この夏、新築の校舎で行われるサマースクールには、首都圏や関西の有名中高一貫校をはじめ多くの学校から教師が視察に訪れ、ワークショップに参加する。「教授法から学校設立のノウハウまで、シェアできるものは何でも提供していきたい」と、小林さんは語る。「小さな1つの学校のインパクトは限られていても、横につながることで大きな力になれるから」 

 この学校を舞台に、英語を自在に操れるだけでなく、批判的思考力やリーダーシップを備えた若者たちが大勢育ったら──そして、そのノウハウが他の学校にも様々な形で伝播していったら──。「異端児」のISAKがこれほど注目を集めている現状をみると、そんな未来も夢ではないような気がしてくる。その頃にはもう、英語と「話す中身」のどちらが大切か、なんて不毛な議論も聞かれなくなっているはず...。

──編集部・井口景子

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は大幅続落、早期の米利上げ思惑でリス

ワールド

日米韓、北朝鮮巡りきょう協議 米特使が訪韓

ワールド

米・アフガン両大統領が25日に会談、タリバンは「無

ビジネス

英航空・旅行業界、渡航制限緩和へ政府に一段の圧力

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中