コラム

渋谷の舞台フェスが面白そう

2011年03月10日(木)20時39分

 先日、ミュージカル『蝶々さん』を観に行った。プッチーニのオペラ『マダム・バタフライ』(もともとはアメリカ人が書いた小説)は外国人の偏見と誤解に満ちたもの、だから本当の蝶々さんを紹介しましょうというのが作品のスタンス。蝶々さんこと伊東蝶(演じるのは島田歌穂)と交流のあったアメリカ人宣教師の妻が狂言回しの役で物語が動いていく。セットはいたって簡単なもので、出演者も10人と多くない。ちょっとシンプルすぎると思わなくもなかったが、だからこそ想像力がかき立てられ、役者の一つひとつの動きや歌声がしっかりと心に刻みこまれる舞台だった。

 今の時代、DVDやネットなどであらゆる映像やパフォーマンスを見ることができる。それでもやはり生の舞台を見たときの充実感は何ものにもかえがたい。録画された映像ではアラも目立たないが、その分、全体のトーンが平ったくなってしまう。生身の人間が発する声や醸し出す空気、しぐさには、「ここではないどこか」へ私たちを連れて行ってくれる力がある。

 随分前のことになるが、高校時代の友人が小劇団で役者をしていた。新宿のタイニイアリスや下北沢の駅前劇場といった小さな空間でどことなく不思議で幻想的な芝居を観ながら、「正直、経済的には大変だよなあ」と思いながら、身体ひとつで何かを表現しようとする人たちに一種の憧憬を感じたりもした。

 最近は演劇を観にいく機会も減ってしまったが、これはちょっと面白そうと思ったのが、3月18日(金)~20日(日)に東京・渋谷で開催される「PLAY PARK 2011 ~日本短編舞台フェス~」という演劇祭だ。

 これまで大阪や神戸でやってきたフェスを、今回東京で初めて行うことになったという。ダンスから演劇、お笑い、ジャンル分けできないパフォーマンスまで、15分の短編で次々と出演者たちが変わっていくというのがミソ。誰もが名前を聞いたことのあるような大御所から若手まで60組以上も出演するというから(出演者数では日本最大級)、好きなアーティストを見に行くのもいいし、新しい劇団や表現を見つけに行くのもよさそうだ。

 先日、実行委員になっている「劇団鹿殺し」の菜月チョビさんたちと話をしたが、もっとファン層を広げたい! と考える演劇人たちが自発的に組織した公演だそうだ。こういう動きは、個人的にとても応援したくなる。

──編集部・大橋希


<3月16日追記>
東日本大震災で被災された皆さまへ心からお見舞いを申し上げます。まだまだ大変な状況が続いていますが、1日も早い復興をお祈りしています。
「PLAY PARK 2011~日本短編舞台フェス~」は震災の影響を鑑み、残念ながら公演中止となったそうです。

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退表明 「ハリス氏

ワールド

トランプ氏、「ハリス氏のほう負かしやすい」 バイデ

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 5
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 9
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 10
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story