コラム

APECの「紅一点」、ジュリアの笑顔に首ったけ!

2010年11月15日(月)20時14分

ペルー小.jpg

ペルーのガルシア大統領(右)と談笑するギラード豪首相(11月14日、横浜市内=代表撮影)

 APEC首脳会議に参加した21人のなかで、ひときわ輝いていた人物がいる。男性ばかりの会議の「紅一点」、ジュリア・ギラード豪首相(49)だ。

 今年6月にオーストラリア初の女性首相となったギラードは、政治アプローチは実用主義のリベラル政治家。率直で気取りがなく「自然体」が最大の魅力だというので(本誌2010年7月5日号「初の女性首相ジュリアは自然体」)、APECで来日するのを楽しみにしていた。

 11月13日に横浜市内のホテルで開かれたAPEC「CEOサミット2010」に登場したギラードは、前評判のとおり。白のジャケットに赤毛のコントラストが美しく、スラリとした長身にシャープな顔立ち。低めの声とソフトな口調が落ち着いた雰囲気をかもし出す一方で、パネルディスカッションの途中では屈託のない笑顔を見せる。

 そんなチャーミングなギラードに、どうやらAPECの首脳陣もメロメロだったようだ。その様子を写真で見てみると――。*写真はすべて代表撮影。11月13日~14日、横浜市内のAPEC会場にて。

オバマ小.jpg

オバマ米大統領も満面の笑み

チリ2小.jpg
「33人救出」で時の人となったチリのピニェラ大統領にキッス

チリ小.jpg
ピニェラの目尻は下がりっぱなし

李2小.jpg
韓国の李明博大統領にも

中国小.jpg
中国の胡錦濤国家主席も思わず

ニュージーランド小2.jpg
ご近所ニュージーランドのキー首相とも

ギラードと菅3.jpg
菅首相もとびきりのスマイル

鯉ギラード 小.jpg
首脳会議前、手を叩いて鯉を呼ぼうという菅首相の誘いに応じた、心優しいギラード

 APEC開催中に各国首脳は多くの公式フォトを撮られるが、カメラに向かう記念撮影以外の場で「満面の笑み」というのは意外に少ない。疲れた顔やしかめっ面、やる気のない顔も数多いなか、ギラードのスマイルと、彼女に見せる各国首脳の笑顔は際立っていた。ホスト役の菅首相にとっても、周囲を明るくさせるギラードの存在は会議を運営する上できっと救いになったはずだ。

 ギラードはこれまで外交経験の欠如を批判され、先月は「外交政策には情熱を感じない」、外交よりも教育などの内政に関心があると発言。元外交官で中国が堪能なケビン・ラッド前首相(現在は外相)と比較されるなか、先週のG20(ソウル)とAPEC(横浜)ではギラードの外交手腕が注目されていた。

 終わってみると、韓国やアメリカ、日本を含む数カ国の首脳と次々に会談したギラードに対し、豪メディアの評価は高いようだ。自由貿易やアフガニスタン情勢などを協議したギラードについて、日刊紙オーストラリアンは「ジュリアが外交ステージで花開く」というタイトルの記事を掲載。「今回のアジア歴訪で大失敗はなし」とし、「ギラードが外交手腕に自信をもったのは確実だ」と評価した。

 ギラードが横浜で見せた笑顔が本物だとすれば、「外交政策に情熱を感じる」という言葉を聞ける日はそう遠くないかもしれない。ギラードとの再会を楽しみにしているAPEC首脳たちにとっても、嬉しいニュースになるかも。

――編集部・小暮聡子

このブログの他の記事も読む


プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英金融・専門サービス部門、上位所得者の女性比率がコ

ワールド

北朝鮮、衛星打ち上げを日本の海保に通告 6月4日午

ワールド

米大統領選、無党派層の景況感が悪化 バイデン氏への

ワールド

中国首相、友好的な中日交流望むと岸田首相に伝達=外
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story