最新記事

オーストラリア

初の女性首相ジュリアは自然体

48歳、独身。「完璧な女性」像にこだわらないジュリア・ギラードは、誹謗中傷に負けることなく新しい政治家像を示せるか

2010年7月28日(水)16時20分
ジュリア・ベアード(米国版副編集長)

女性 8月21日に与党党首として初めて総選挙の洗礼を受けるギラード(写真は6月24日) Mick Tsikas-Reuters

 うれしい驚きだ。ジュリア・ギラードがオーストラリア初の女性首相に就任した。喝采が起こり、メディアは大騒ぎで、オーストラリアの女性たちはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のフェースブックのステータス(メッセージ)を更新した──「ジュリア」とひとこと書いて喜びを表現した。

 理想的な状況ではなかった。かつては高い支持率を誇ったケビン・ラッド前首相を辞任に追い込み、与党・労働党の党首に選出されて首相になった。総選挙で勝ったわけではない。

 それでも重大な意義のある瞬間だ。数百年間、英女王にひれ伏しつつ、政府の最高権力から女性を締め出してきた国で、女性が本物の権力を手にしたのだ。

 48歳のギラードは炭鉱作業員の娘として生まれ、組合活動や労使関係の弁護士を経て政治の世界に入った。政治的アプローチは実用主義。労働党左派出身で広く尊敬されている。

 オーストラリア連邦議会の女性議員の数は今や約3分の1(米連邦議会ではわずか16・8%)。しかし歴史的に、女性は国政政党の指導者候補と持ち上げられたかと思えば、激しく攻撃されてきた。

 これまで多くの女性政治家は、理想の女性像を演じて女性らしさを証明しなければならないという強迫観念を抱いてきた(ヒラリー・クリントン米国務長官は夫ビルが大統領選に立候補した際、自分は家でクッキーを焼くような女性ではないという発言で反感を買い、その後チョコレートチップクッキーのレシピを披露した)。

保守派とやり合う論客

 しかしギラードは、そういう意識に駆られていない。率直で気取りがなく、政界を慎重に渡り歩きながら、挑戦的なほど自分らしさを守ってきた。そこが彼女の最大の魅力でもある。

 自宅台所の写真で果物入れが空だったため、料理ができないのかと騒がれると、自分は家庭的ではないと認めた。子供のいないギラードをあるリベラルな議員が「故意の不妊」と侮辱したときも、議員を「古い男性」と斬り捨てた。

 裏を返せば、ギラードは「未来の女性」なのだろう。政界に入ると同時に期待の新星となり、どんな野心を抱いているのかと常に詮索されてきた。

 野党時代には、もし自分が党首になれば「リーダーシップの概念が国全体で変わるだろう」と、ある記者に語った。「周囲の言いなりで、スーツを着て、育ちはいいが退屈なタイプの政治家に人々は飽きている。彼らとは違う人が求められていて、もちろん私は自分が彼らとは違うと思っている」

 確かに彼女は違う。女性だからというだけでなく、ミニブログサービスのツイッターで誰かがつぶやいたように「未婚女性の無神論者で赤毛で移民の首相」だからだ(未婚の首相はオーストラリア初だが、赤毛は2人目)。

 女性政治家の先駆者は大半が保守派だ。ゴルダ・メイア元イスラエル首相も、インディラ・ガンジー元インド首相、マーガレット・サッチャー元英首相も。

 ギラードは政治家としてはリベラルだが、労働党の路線からは大きく外れていない。前政権で副首相と教育相、雇用・職場関係相を兼務。勤勉かつ有能で、集中力があると言われている。口の悪い保守派との論戦を楽しむ強力な論客でもある。

 彼女にとって目下の最大の難関は、自分がラッド前首相とは違うと証明することだ。彼女はラッドの4人の「私設顧問団」の1人でもあった。副首相として首相と共に決断を下し、前政権の責任は「相応に」負うとも認めている。

ニュース速報

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 6

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 8

    【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月