コラム

暴露本で問われるカーラ・ブルーニの実力

2010年09月23日(木)10時28分

 同じようなことをしているのに大バッシングを受ける人もいれば、何となく許されてしまうお得な人もいる。仏大統領夫人のカーラ・ブルーニは、何となく後者な気がする。

 米大統領夫人のミシェル・オバマがリゾート地で娘と過ごしたバカンスのせいで批判を浴びたのは記憶に新しい。国も状況も違うとはいえ、カーラ・ブルーニの場合はどうだろう。サルコジ大統領との派手なバカンスが否定的に報じられた直後には、外遊での立ち居振る舞いがエレガントだと絶賛される。サルコジの支持率が地に落ちているときに、映画女優デビューして浮かれていてもおとがめなし。9月半ばの世論調査によれば、フランスの有権者の54%がブルーニのことを好きだと言い、71%が海外でのフランスのイメージアップにブルーニが役立っていると答えているという。こんなポジションを維持できるのは、各国のファーストレディーと並んでも抜群に目立つルックスのせいか、それともサルコジと結婚する前にモデルや歌手としてしっかり自分の世界を完成させていたせいか、フランスのお国柄のせいか......。

 そんなブルーニの「嫌われない力」が試されるときが来たのかもしれない。先ごろフランスで、ブルーニの「真実」を描いたとする暴露本が相次いで発売された。『カーラ――秘密の生活』は、元ジャーナリストのベスマ・ラウリがブルーニの友人や仕事仲間を取材して執筆。それによれば、ブルーニの慎み深く若々しい大統領夫人というイメージは「大統領府によってつくり上げられたもの」で、実際の彼女は慈善事業に消極的で男性との付き合いも奔放、計算高くサルコジを振り回す女性だという。著者は大統領府が出版差し止めの圧力をほのめかしてきたとも明かしているが、個人的にはこの程度の暴露はどうということもないように感じる。

 もう1冊の方は、ブルーニ本人や周辺人物へのインタビューなどを重ねて執筆しているだけにより深刻度が高い。『カーラとその野心』は、ベストセラーの伝記作品も執筆したことのある2人の作家による暴露本。この中では、こんな事実が明かされている。

 3月にサルコジ夫妻にW不倫疑惑がもち上がった際、ブルーニはこの噂の出どころを突き止めるため、警察当局や諜報機関の内部資料などを入手して犯人探しをしたのだとう。折りしも最近、仏大手ルモンド紙が、7月に騒動となった贈収賄事件の報道に関して同紙の記者をスパイしていたとして大統領府を告訴したばかり。権限を逸脱したサルコジ夫妻の諜報行為に批判が集まる可能性もある。

 さらにこの本によれば、ブルーニは「サルコジがもっと金儲けに力を入れるべき」だと考えていて、トニー・ブレア元英首相が引退後に講演などでがっぽり稼いでいるのに「感銘を受けて刺激された」とか。

 こんな記述を並べ立てられた暴露本2冊の発売で、ブルーニもついに非難の吊るし上げを食らうのか? どうもフランス国民は冷静に受け流すだけ、な気がしてならない。

 ちなみに、『カーラとその野心』の中で、ミシェル・オバマがブルーニに話したという言葉が記述されている。ホワイトハウスで2人が3月に私的な会話を交わした際、ミシェルはホワイトハウスの生活について「聞かないで!まるで地獄よ。耐えられない」と答えたという。

 こちらの方は、ミシェルの報道担当官やフランス大使館が必死で事実を否定するなど、対応に追われる羽目になっているようだ。

――編集部・高木由美子

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ビジネス

地銀と戦略的に連携、資本提携にこだわらず=りそなH

ワールド

欧州当局、コロナワクチンは時間かけ審査 拙速な認可

ワールド

フランス、国外でのスキー阻止へ国境検査実施 コロナ

ワールド

バイデン次期米大統領、対中通商合意第1弾を直ちに破

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 9

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期…

  • 10

    アメリカ中西部にコロナ感染の大波 医療現場は崩壊…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!