コラム

これが上海万博の真実だ!

2010年05月23日(日)07時16分

 5月1日の開幕日には、中国館に入ろうとする人たちがチケットをめぐってケンカを始めるほど「盛況」だった上海万博だが、その後の入場者数は1日20万人を確保するのがやっと。目標の7000万人達成はかなり難しそうだ。

 過去最多となる246の国・地域と国際機関が参加した上海万博に閑古鳥が鳴いているのはなぜか。今月12日に現地を訪れた本サイトコラム『Tokyo Eye』の筆者で歌舞伎町案内人の李小牧氏に聞いた。

     *

――現地の様子は?

李:まず下の写真を見てほしいが、5月12日の夕方の時点でこんなにガラガラ(笑)。なかなか入れないと言われた中国館にも30分で入れた。

RIMG0105.JPG
ⓒLee Xiaomu

 中国館の第1展示ゾーンは12階建てで、一番上まで上って中国の都市化をテーマにした映画(下の写真)を見た後、下まで展示物を見ながら歩いて降りる構造になっているのだが、この映画がたいした事ない(笑)。

RIMG0118.jpg
ⓒLee Xiaomu

 第2展示ゾーンではレールの上を走る列車に乗って中国建築の特徴を見学するはずが、列車が故障して(下の写真)修理に1時間かかると言われたので、乗るのを止めてしまった(笑)。

RIMG0157.jpg
ⓒLee Xiaomu

――なぜ盛り上がりに欠けるのだろう。

李:あまりに警備が厳しくて緊張感が強く、お祭り気分になれない。外国人にきちんとしたところを見せなければ、と思うあまり規制が厳しくなり過ぎている。上海市内は車の通行もナンバーで規制されている。

――入場者数が伸び悩んでいる理由は?

李:中国は日本のように庶民層が沖縄や北海道に旅行に行ける国ではない。上海万博に行けるのは富裕層。彼らは国内旅行に行く暇とカネがあれば、海外に行ってしまう。また中国は広いから、東京から日帰りで愛知万博に行くような気楽さで上海万博には行けない。

RIMG0179.jpg
中国館から帰る見学者 ⓒLee Xiaomu

――北京や広東の人が「あくまで上海のイベント」と捉える中国の地域性も影響しているのでは。

李:今、中国のメディアは万博一色で、地域の温度差はそれほどないはず。ただ中国には行列する文化はないので、中国館の前に何時間も並ぶニュース映像を見て、「ああ、これなら家でテレビを見ているほうがいい」と大勢の中国人が感じたかも。でもガラガラというニュースが流れれば、抜け目ない中国人がまた殺到する可能性もある(笑)。

RIMG0197.jpg
中国館の前の万国旗 ⓒLee Xiaomu

     *

 普段なかなか見られない科学技術や外国の物産を実際に見る、というのが万博の本来の趣旨。なのに、上海万博はすっかり中国が自国の国威を発揚する「中国博覧会」と化している。中国人がわざわざ万博に「中国」を見に行かず、家でインターネットやテレビを見ているのは、ある意味ごく自然な姿のように思えるのだが......。

――編集部・長岡義博

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で

ワールド

焦点:ロシアに今も溢れるナイキやレゴ、背後にグレー

ビジネス

NY外為市場=ドル/円8週間ぶり高値、米PMI受け

ワールド

イスラエル、ガザ全域で攻勢 45人死亡 ラファ攻撃
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story