コラム

マグロ騒動に隠れた象牙のお話

2010年04月01日(木)20時00分

 えっ、トロが食べられなくなる日も近い? とヤキモキしたけど、結局クロマグの禁輸案は否決されて、ワシントン条約締約国会議は閉幕した。

 日本ではマグロ騒ぎであまり取り上げられなかったけど、この同じ会議で象牙の禁輸についても話し合いが行なわれていた。

 象牙の輸出入はアフリカゾウの激減を受けて1989年から原則禁止されているが、タンザニアとザンビアが在庫として抱えている分の輸出を認めてほしいと申請。しかし密猟や密輸を助長するとの懸念から否決された。象牙を買うのは、印鑑に使う日本や中国だ。

 このニュースで思い出したのは、「世界が尊敬する日本人」特集で3年前に取材した神戸俊平(64)さん。ケニアでアフリカゾウの保護に尽くしている獣医さんだ。

「昔は人間とゾウが仲良く共存していたんだが」とちょっと寂しそうに、アフリカゾウの保護区への大移送作戦や密猟問題について語ってくれた。

 貧困と密猟問題は密接に関係しているとの考えから、スラムの子供たちを支援するのにも熱心だ。学校に通わず、放っておけば、かっぱらいをしたり女の子なら売春をして空腹を満たす子供たちを集め、給食を出し国立公園に連れて行って野生動物の大切さを教える。

「スラムの子たちはスラムから出ることもなく、自分の国にゾウやライオンがいるというイメージがないままギャングとかになって密猟に加担してしまう。小さいうちに動物と触れ合うことで、君たちの国はこんなに素晴らしい国なんだよと伝えたい」

 もう30年以上ケニアで暮らしているので「そこいらの若いケニア人よりケニアの歴史知ってますよ。お前の部族のこういう代議士が、こういうことやってたんだぞって教えてやることも」と、にっこり。首都ナイロビの人たち、そしてよく家畜の無料診療に行くマサイ族の人たちから「ダクタリ」(スワヒリ語でドクターの意味)と呼ばれ、頼られ親しまれている。

 これから寿司を食べるときにあのクロマグロ問題を思い出す人も少なくないだろう。同じように、ハンコを押すときや新しいのに買いかえるとき、アフリカゾウのことを少しでも思ってくれたら、ダクタリもきっと喜んでくれる気がする。

──編集部・中村美鈴

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story