コラム

パレスチナ、セックス・スキャンダルの裏に...

2010年03月08日(月)11時00分

 決して豪華とはいえないホテルの一室。そこにL字に配置された2人がけのソファがあり、恰幅のいい男性が座っている。すると2人の女性が部屋に入ってきて、1人は男の隣に、もう1人は別のソファに座った。彼らの間で何らかのやり取りが交わされ、女性は甲高い笑い声をあげる。

 そして隠しカメラの映像は、ベッドルームに切り替わる。先ほどの男性がニヤケ顔で服を脱ぎながら女性に対して何やら言葉を発する。

 パレスチナで問題になっているこの盗撮ビデオ。実はこの恰幅のいい男、マフムード・アッバス議長の側近、ラフィーク・フセイニ首席補佐官だ。彼はイギリスで教育を受けたエリートで、パレスチナの元情報機関の幹部でもあった。

 セックススキャンダルがイスラム世界で御法度なのは言うまでもない。ヨルダン川西岸地域を支配するパレスチナ自治政府の穏健派ファタハには、特に衝撃が走っている。パレスチナ全体の恥だ、と声を上げている者もいる。さらに、自治政府には酷い汚職が蔓延しているとして批判を受けてきたが、最近ではかなり改善され、国際社会からも評価されていた。そんな矢先の騒動だ。

 さらに問題を大きくしたのは、この相手女性が就職を求めていて、就活中であった点だ。報道では、彼は自らの影響力をちらつかせてこの女性に関係を迫ったとされる。

 この疑惑にはイスラエル諜報機関モサドの影がちらつく。

 この映像は、2月10日にイスラエルのチャンネル10で初めて放映された。映像を提供したのは、パレスチナの元諜報部員ファハミー・シャバネー。シャバネーはさらに、アッバスに近い関係者らの公金着服疑惑も指摘していて、その「証拠」を大量に持っていると言う。パレスチナ自治政府はシャバネーが「イスラエルの強力を得ている」として指名手配した。彼は、05年にアッバスから自治政府の汚職につして調査するよう支持されたシャバネーは、調査結果をアッバスに伝え無視されたと主張し、それが今回の動機になっているとみられる。

 フセイニは、この映像は1年半前の出来事だということを認め、3週間の停職処分になった。彼はこの疑惑が「陰謀」だとし、イスラエルとパレスチナのによって仕掛けられたと主張している。アッバスはこの疑惑に関する調査委員会の設置を発表、数週間ほどでその結果は公表される予定になっている。

 映像の続きに戻ろう。フセイニは女性に、「私が電気を消そうか? 君が消すのか? 私はどういう風にすればいいのかい?」と言葉をかけながら、服を脱ぎ続ける。そしてパンツ一枚になりベッドに入り、ピローの位置を直しながら、女性に来るようにと誘う。

 次の瞬間、シャバネーを含む数名の男が部屋になだれ込んだ。フセイニはベッドから飛び出し、慌てて服を着た。先ほどのニヤケ面といい、この慌てぶりといい、あまりにも間抜けだ。

 最近、ドバイでモサドに関係するとみられる殺人犯グループがハマス幹部を殺害した事件が起きたばかりだ。さらにイスラエルのハーレツ紙は、ハマスの著名な指導者ハッサン・ユーセフの息子を紙面に登場させ、「10年間、イスラエルのスパイをしていた」と語らせた。

 そして今回のセックススキャンダル(美人局的な違和感を覚えてしまうのは私だけではないだろう)は、イスラエルによるスパイ工作の「成功例」として、またハマスの「大恥」として、停滞する中東和平交渉の裏で小競り合いの種になっている。

 モサドによるとみられる一連の工作活動は、「小説より希なり」。

――編集部・山田敏弘


このブログの他の記事も読む

プロフィール

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、5月横ばいで予想下回る 改善3カ

ワールド

政治改革・先送りできない課題に専念、それ以外は考え

ワールド

日中韓首脳会合、中国首相「新たな始まり」 貿易など

ビジネス

景気「足踏みも緩やかに回復」で据え置き、生産など上
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story