コラム

企業に経済制裁を強要すべきではない

2022年03月05日(土)15時54分

ロシアでアップル製品を扱う販売代理店は閉店したが(3月2日、オムスク) Alexey Malgavko- REUTERS

<ロシアの日系企業が日本の手先のように動くことを政府やメディアが強要すれば、ロシア政府から敵と見做され大きな禍根を残すことになりかねない。欧米企業は自社にも現地従業員にも痛みの少ない制裁を選んで行っていることに留意すべきだ>

ロシアがウクライナへの侵攻を始めてから9日間が経過し、ウクライナ側の犠牲者が日々増えている。ロシアは戦争を一日も早くやめ、撤兵するべきである。国際社会は国連の緊急特別会合を開催してロシアに即時・無条件の撤兵を求める決議を採択し、また各国がさまざまな経済制裁措置を打ち出し、国際機関は難民を支援している。ロシアに侵攻をやめさせるために利用可能なあらゆる非軍事的手段を動員することに私も賛成であるし、微力ながら支援もしている。

一方、気になるのは欧米の大手企業が自ら制裁を実行しはじめたことだ。アメリカの石油大手エクソンモービルは3月1日にサハリンでの天然ガス・原油採掘事業「サハリン1」の操業を停止するプロセスを開始したことを発表した。同社は声明の中で、この措置がロシアのウクライナ侵攻への抗議のためであることを言明している(ジェトロ「ビジネス短信」2022年3月2日)。また、アップルも3月2日にロシアですべての商品の販売を停止するとともに、ロシア国営メディアのRTとスプートニクのアプリをロシア以外では見られなくする措置をとった。アップルはロシアによるウクライナ侵略を深く憂慮するという声明を出しており、この措置がアップル独自の経済制裁であることを表明している(NBC News, March 2, 2022)。フォードもロシアでの商用車の合弁事業停止を発表したが、これもロシアの侵攻に抗議したものである。

「日本企業も対露制裁に加われ」の掛け声

ロシア侵攻の影響は日本企業のロシアでの事業にも及んでいる。トヨタはロシアの工場の稼働と日本からの完成車の輸出を3月4日から一時停止すると発表した。ただ、これは部品や完成車のロシアへの輸送に影響が出ているためだとしており、侵攻に抗議した行動であるとは説明していない。ホンダも自動車や二輪車のロシアへの輸出を停止するが、こちらも物流や金融の混乱が原因だとする(『日経クロステック』2022年3月3日)。筆者が新聞などで聞き及んだ限りでは、ロシアに抗議する意思をこめて事業を停止した日本企業はまだないようである。

このような日本企業の慎重な姿勢に対して、3月3日付の『日本経済新聞』は、欧米が政経一体となって脱ロシアを進めているなか、日本が「民主主義を守る闘いに加われるのか、覚悟が問われている」と、日本企業もロシアに対する経済制裁の輪に加わるよう勇ましく煽っている。

プロフィール

丸川知雄

1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、9月は84.3に悪化 予想下回る

ビジネス

アマゾン、10月中旬にも会員向けセールイベント 日

ワールド

インドネシア中銀、ルピア下支えへ「トリプル介入」態

ビジネス

ポンド安を非常に懸念、中銀に利上げ圧力=英労働党報

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中