Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2022.10.18号(10/12発売)

特集:アフター・プーチン 「戦後」のロシアと後継者の姿

2022年10月18日号(10/12発売)

Cover Story

戦況の悪化で「退場」がささやかれるプーチン ── 知られざる後継候補と「戦後」の国際秩序の姿

ロシア政治 「プーチン殿」と7人の後継(候補)
分析 「日沈む国」ロシアが変える地政学
外交 戦後に生まれる新国際秩序
経済制裁 輸出管理がロシアをゆっくり絞め殺す
北方領土 ロシアが疲弊すれば島は返るのか?
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

中国の未来を決める人事を読む

共産党 習近平続投は揺るぎないが、ほかのトップ人事は霧の中
【Periscope】
MYANMAR 拘束の日本人ジャーナリストは解放されるか
RUSSIA ウクライナ併合地域に「ロシア国籍」の踏み絵
UNITED STATES カーダシアンに仮想通貨のステマ疑惑
UNITED STATES 大麻所持犯に一斉恩赦、バイデンの狙いは?
【Commentary】
日本 北ミサイルはJアラートで防げない ── 河東哲夫
視点 「近未来大国」インドの躍動 ── グレン・カール
中東 「イスラム指導者」の伝わらない実像 ── 飯山陽
風刺画で読み解く「超大国」の現実 中国は『1984年』まであと一歩 ── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 円安が招く「ドル不足」の大問題 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 子供たちが浮気を許してくれません
たかがジョーク、されどジョーク お父さん、逆走車に気を付けて!── 早坂隆
【World Affairs】
東南アジア 記者にとって危険な国、フィリピンの闇
OPEC バイデン無視の減産に意外な理由
地域紛争 中ロの手に余る中央アジアの火種
【Features】
米戦略 「核には核を」でプーチンを止めよ
【Life/Style】
Movies 『スペンサー』が描くプリンセスの宿命
Drama タイ洞窟事故の真実『ケイブ・レスキュー』
Health 健康な肌を保つ紫外線対策と日焼け止め
Television レイチェル・ブルームが語る新ドラマの見所
My Turn 15歳でカルト一家を脱出して
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power ロシア国境を耐え忍ぶフィンランド
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 国葬はリアルタイムの歴史修正だ ─ 西村カリン
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 9
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 10
    バイデン撤退で始動した「ハリス大統領」へのカウン…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中