Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2021.9.28号(9/22発売)

特集:予防医療の時代

2021年9月28日号(9/22発売)

Cover Story

病気は「治す」から「防ぐ」へ......ゲノム検診で異常検知し超極小「ナノマシン」が細胞診断する日も近い

医療 先端技術が変える予防医療
眼科検診 病気のサインは目に表れる
性差 ジェンダーに基づく健康指導でいいか
テクノロジー 患者と医者をアプリで結べ
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

総裁選が問う自民の復元力

日本政治 改革派若手議員の台頭が派閥政治をメルトダウンさせる?
【Periscope】
SOUTH KOREA 韓国SLBMが開くミサイル危機の時代
CHINA 「中国版リーマン・ショック」が迫る?
NETHERLANDS アフガン退避失敗で外相が辞任する国
GO FIGURE SNSでつながるコロナ禍の世界
【Commentary】
アフガニスタン タリバンに安易な期待をするな ── 飯山陽
視点 9.11テロとアルカイダとサウジの影 ── グレン・カール
日本 新首相が秩序なき世界で示す旗 ── 河東哲夫
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「文革2.0」は始まったのか──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 脱炭素をIT大手が牽引する理由 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 男女の双子たちは性別をなくしたい
たかがジョーク、されどジョーク 楽園のような国、不公平では?── 早坂隆
【World Affairs】
米政治 暴君からアメリカを守れ
ドイツ メルケル未満の冴えない首相候補
安全保障 AUKUSはインドへの福音
ウイグル 「対テロ戦争」にだまされるな
【Features】
心理学 コロナ後の子供をレジリエンスが救う
【Life/Style】
Music ドレイク様、少し大人になって!
Entrepreneur いかに飲料ベンチャーを成功に導いたか
Movies 『スイング・ステート』が描き切れなかったもの
Women 「私は復讐に燃える被害者ではない」
Study リモートで働きつつ学ぶ大人の留学案内
My Turn 夫婦の関係修復セラピーが失敗する原因
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 炙り出されたアメリカの核がある風景
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye オウム裁判を録画できなかった日本 ── 西村カリン
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 5
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 9
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 10
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中