Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2021.4.13号(4/ 6発売)

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

Cover Story

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

仮想通貨 ビットコインに迫る2021年の大変革
解説 ビギナー向け「仮想通貨の現在地」
経済学 ビットコインはインフレ対策に有効なのか
新技術 非代替性資産NFTの実力は
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

スエズ座礁事故が教えること

貿易 海の難所や天候やサイバー攻撃......国際海運は驚くほど脆弱だった
【Periscope】
MYANMAR ミャンマー民主派の「新憲法」は無駄でない
CHINA 中国でワクチン強制接種に反発の声
BOSNIA AND HERZEGOVINA ボスニアが世界の極右の巣窟に
GO FIGURE アメリカ入国を狙う移民は倍増ペース
【Commentary】
視点 「台湾危機」を鵜呑みにする危うさ──河東哲夫
米社会 アジア系憎悪犯罪と米差別史 ── グレン・カール
欧州 ドイツの政治の季節は前途多難 ── ヨシュカ・フィッシャー
風刺画で読み解く「超大国」の現実 中国人が食う「禁断の果実」── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 大型提携の裏で進む中国シフト ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える ママ友との会話が苦手な私は変?
ニューヨークの音が聴こえる 僕にとって「書く」とは何か ── 大江千里
【World Affairs】
中国 民主派に立ちはだかる「タンキー」の壁
【Features】
新兵器 ドローン時代の戦争にアメリカが怯える訳
米政治 NYの回復には私が必要だ
【Life/Style】
Drama 笑えてハートを温めるエイリアンに魅せられて
Movies 『パーム・スプリングス』を支える科学
Art 生で芸術に触れる注目のアートイベント8選
My Turn 同性愛者と明かさないまま母は逝った
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power コウモリと共に生きる人々の姿
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 日本になぜ人権委員会がないの? ── 李娜兀
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 10

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中