Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.3.30号(3/23発売)

特集:中国に勝てるのか

2021年3月30日号(3/23発売)

Cover Story

「中国と対峙する」バイデン外交に思わぬ足かせ──。尖閣に迫る中国海警局に米軍はどう対応する?

米外交 バイデンを縛るトランプの対中政策
■図解 西太平洋地域をにらむ中国的弾道弾の脅威
東アジア 「トラブルメーカー」中国の野望をどう止める
■チャート 日中関係を反映する中国公船の「侵入歴」
分析 新政権と共にアメリカ外交が帰ってきた

ミャンマーが中国に迫る選択

クーデター 反中感情が高まるなか、中国は国軍と手を組むか縁を切るか

マレーシアが北朝鮮に「ノー」

東南アジア 制裁違反容疑者をアメリカに引き渡した英断の行く末
【Periscope】
CHINA 米中外交トップ初会談、大荒れの必然
BRITAIN イギリスが軍縮を捨て核軍拡へ
ISRAEL 監視用ブレスレットは監禁よりマシ?
GO FIGURE アジア系を狙った憎悪犯罪が全米で激増
【Commentary】
視点 一帯一路の明るくない未来──河東哲夫
貿易 対中関税を撤廃すべき3つの理由──魏尚進
中東 朝日新聞が誤読した教皇イラク訪問──飯山陽
風刺画で読み解く 福原愛を溺愛する中国人心理──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 中小企業になりたい大企業 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える うちはご近所の託児所じゃない!
たかがジョーク、されどジョーク コロナ対策でタイムマシン出動!? ── 早坂隆
【World Affairs】
ドイツ メルケルのいないCDUは迷走中
【Features】
企業倫理 CSRな企業が今年注力すべきトレンドは
外交 日本と仲良くなりたいイギリス的事情
フェイクニュース ヘレン・ケラーにSNSが牙をむく
【Life/Style】
Intellectual Property マーベル人気キャラの深い悩み
SNS いいね!を求めるマウス的心理
Movies 漂泊と労働の旅に「ホーム」を求めて
Women 女性たちはコロナ禍でも歴史を変える
My Turn 銃に娘を奪われて3年、喪失の日々を生きる
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power ハンガリーを覆う非情な黒い霧
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 西村カリン ──「レジリエンス」でなく我慢する日本人

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 6

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 7

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 8

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 9

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 10

    韓国ソウル、マンション平均価格が9億ウォン突破 全…

  • 1

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 2

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 3

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 4

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 5

    青色の天然着色料が発見される

  • 6

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 7

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 10

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中