Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.3.30号(3/23発売)

特集:中国に勝てるのか

2021年3月30日号(3/23発売)

Cover Story

「中国と対峙する」バイデン外交に思わぬ足かせ──。尖閣に迫る中国海警局に米軍はどう対応する?

米外交 バイデンを縛るトランプの対中政策
■図解 西太平洋地域をにらむ中国的弾道弾の脅威
東アジア 「トラブルメーカー」中国の野望をどう止める
■チャート 日中関係を反映する中国公船の「侵入歴」
分析 新政権と共にアメリカ外交が帰ってきた

ミャンマーが中国に迫る選択

クーデター 反中感情が高まるなか、中国は国軍と手を組むか縁を切るか

マレーシアが北朝鮮に「ノー」

東南アジア 制裁違反容疑者をアメリカに引き渡した英断の行く末
【Periscope】
CHINA 米中外交トップ初会談、大荒れの必然
BRITAIN イギリスが軍縮を捨て核軍拡へ
ISRAEL 監視用ブレスレットは監禁よりマシ?
GO FIGURE アジア系を狙った憎悪犯罪が全米で激増
【Commentary】
視点 一帯一路の明るくない未来──河東哲夫
貿易 対中関税を撤廃すべき3つの理由──魏尚進
中東 朝日新聞が誤読した教皇イラク訪問──飯山陽
風刺画で読み解く 福原愛を溺愛する中国人心理──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 中小企業になりたい大企業 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える うちはご近所の託児所じゃない!
たかがジョーク、されどジョーク コロナ対策でタイムマシン出動!? ── 早坂隆
【World Affairs】
ドイツ メルケルのいないCDUは迷走中
【Features】
企業倫理 CSRな企業が今年注力すべきトレンドは
外交 日本と仲良くなりたいイギリス的事情
フェイクニュース ヘレン・ケラーにSNSが牙をむく
【Life/Style】
Intellectual Property マーベル人気キャラの深い悩み
SNS いいね!を求めるマウス的心理
Movies 漂泊と労働の旅に「ホーム」を求めて
Women 女性たちはコロナ禍でも歴史を変える
My Turn 銃に娘を奪われて3年、喪失の日々を生きる
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power ハンガリーを覆う非情な黒い霧
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 西村カリン ──「レジリエンス」でなく我慢する日本人

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよくする」ことが体をゆがませる

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    ネコは箱の中がお好き......それが「錯覚」であって…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中