Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2021.3. 9号(3/ 2発売)

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

Cover Story

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

通貨 ドル支配の終わりと人民元時代の始まり
分析 基軸通貨への準備は万端
歴史 「弱小」人民元はこうして飛躍した
■タイムライン 人民元、国際通貨への足跡
視点 ドルと世界が迎える予測不可能な未来
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

ミャンマー軍はなぜ賭けに出た?

クーデター 暴挙に出た真の理由は組織の歴史から読み取れる
【Periscope】
SAUDI ARABIA 皇太子の「罪」認定でも制裁できない訳
UNITED STATES 「空爆」バイデンとイランの神経戦
HONG KONG 香港のコロナ対策を阻む政府不信
GO FIGURE コロナワクチンの副反応は心配無用?
【Commentary】
英国 偉人像攻撃の耐えられない単純さ ── コリン・ジョイス
科学 火星開発は人類生存のため ── クリストファー・メーソン
アメリカ 党内対立が民主党を強くする ── サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 保守派大スターの負の遺産 ── ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 ファミマが開く金融新時代の扉 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 不倫で生まれた娘に真実を話すべき?
その言葉への違和感 かくも悪質な「差別発言は冗談」論 ── 望月優大
森達也の私的邦画論 衝撃の初ジブリ体験は『風の谷のナウシカ』── 森達也
【World Affairs】
紛争 さらば、祖国アフガニスタンよ
国境問題 インドはどうやって中国を撃退したのか
【Features】
米政治 ポスト・トランプの隠しきれない野心
【Life/Style】
Movies ジョディ・フォスターの新作が最高に政治的な訳
Movies 何が歌姫ブリトニーを追い詰めたのか
Movies ディズニー伝説的悪役の知られざる過去
Books 「フランス式」が許した少女への虐待
Art 草間彌生のアートを追って世界中を旅したい
My Turn 警官として助けた女の子が家族になるまで
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 移民の祖国が払う高い代償
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 李娜兀 ──「女子東大生」が少ない本当の理由
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 4

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 5

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 6

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    低すぎる出生率で迷走...中国政府は「中絶禁止」に向…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 6

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 7

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 8

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 9

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 10

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    「誰かが嘘をついている」――米メディアは大谷翔平の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中