Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.12.29号(12/22発売)

特集:ISSUES 2021

2020年12月29日/2021年1月 5日号(12/22発売)

Cover Story

パンデミックで激変した政治と経済と社会 ── ウィズ・コロナ/アフター・トランプの世界を読む11の論点

展望 コロナ禍を奇貨とし、今こそ団結の時 ── ジャレド・ダイアモンド
米政治 バイデンを待つ3つの歴史的難題 ── サム・ポトリッキオ
中国 習が踏み出した対立の道 ── ミンシン・ペイ
米社会 トランプ主義を乗り越えて ── イアン・ブルマ
欧州 英EUの交渉はここからがスタート ── マルセル・フラッチャー
日本 菅政権に忍び寄る「ええじゃないか」── 河東哲夫
中東 怒るイスラムと憤慨する西洋、本当の敵は誰か ── モハメド・エルバラダイ
朝鮮半島 文の初夢は「東京五輪で南北会談」── 浅川新介
世界経済 静かな金融危機が回復を脅かす ── カーメン・ラインハート
感染症 コロナとの戦争に終わりは見えない ── ウィリアム・ヘーゼルタイン
環境 2021年から始まるネットゼロ社会の道 ── ローレンス・トゥビアナ
【Periscope】
SWEDEN スウェーデンのコロナ独自路線、失敗の訳
FRANCE パリ市長の女性登用が行き過ぎで罰金
CHINA 中国・ミャンマー国境に「南の万里の長城」が
GO FIGURE カリフォルニアで感染爆発した理由
【Commentary】
視点 トランプ退場で「進歩」は再開するか ── 河東哲夫
追悼 元スパイから元スパイ作家へ愛を込めて ── グレン・カール
分析 日本にも迫るイスラムの火葬問題 ── 飯山 陽
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「チベットの美少年」の演出者 ── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 日本のあるべき脱炭素経済とは ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える トイレに赤ん坊を連れて行けって?
たかがジョーク、されどジョーク 困ったときは「アッラー」に聞く── 早坂隆
【World Affairs】
民主化運動 アラブの春から10年、シリアの希望は
テクノロジー 湾岸諸国の5Gを狙うファーウェイ
アメリカ 米政界の新星が車社会を変える日
【Features】
医療 コロナ対策の敵はワクチン忌避派
【Life/Style】
Movies 帰ってきた『ビルとテッド』の大冒険
Music 若きシンガーは立ち止まらない
Gender 性的少数者の背中を押すセレブの告白
Drama 歌姫セレナの魂をよみがえらせたい
Work コロナ不況で希望の報酬を実現する交渉術
Holidays 世界の年末年始を彩る不思議なお祝い
【Departments】
Perspectives
In Focus
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye トニー・ラズロ ── 日本の道は自転車には危な過ぎる

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論が出ない理由

  • 4

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 5

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 6

    ポーランドで過去を偽り聖職者となった青年の実話に…

  • 7

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 8

    「夫の死を無駄にしないで」ワクチン接種後、自己免…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    火星までの移動日数を半分に 原子力推進技術でイギ…

  • 1

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 2

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 8

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!