Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.12.29号(12/22発売)

特集:ISSUES 2021

2020年12月29日/2021年1月 5日号(12/22発売)

Cover Story

パンデミックで激変した政治と経済と社会 ── ウィズ・コロナ/アフター・トランプの世界を読む11の論点

展望 コロナ禍を奇貨とし、今こそ団結の時 ── ジャレド・ダイアモンド
米政治 バイデンを待つ3つの歴史的難題 ── サム・ポトリッキオ
中国 習が踏み出した対立の道 ── ミンシン・ペイ
米社会 トランプ主義を乗り越えて ── イアン・ブルマ
欧州 英EUの交渉はここからがスタート ── マルセル・フラッチャー
日本 菅政権に忍び寄る「ええじゃないか」── 河東哲夫
中東 怒るイスラムと憤慨する西洋、本当の敵は誰か ── モハメド・エルバラダイ
朝鮮半島 文の初夢は「東京五輪で南北会談」── 浅川新介
世界経済 静かな金融危機が回復を脅かす ── カーメン・ラインハート
感染症 コロナとの戦争に終わりは見えない ── ウィリアム・ヘーゼルタイン
環境 2021年から始まるネットゼロ社会の道 ── ローレンス・トゥビアナ
【Periscope】
SWEDEN スウェーデンのコロナ独自路線、失敗の訳
FRANCE パリ市長の女性登用が行き過ぎで罰金
CHINA 中国・ミャンマー国境に「南の万里の長城」が
GO FIGURE カリフォルニアで感染爆発した理由
【Commentary】
視点 トランプ退場で「進歩」は再開するか ── 河東哲夫
追悼 元スパイから元スパイ作家へ愛を込めて ── グレン・カール
分析 日本にも迫るイスラムの火葬問題 ── 飯山 陽
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「チベットの美少年」の演出者 ── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 日本のあるべき脱炭素経済とは ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える トイレに赤ん坊を連れて行けって?
たかがジョーク、されどジョーク 困ったときは「アッラー」に聞く── 早坂隆
【World Affairs】
民主化運動 アラブの春から10年、シリアの希望は
テクノロジー 湾岸諸国の5Gを狙うファーウェイ
アメリカ 米政界の新星が車社会を変える日
【Features】
医療 コロナ対策の敵はワクチン忌避派
【Life/Style】
Movies 帰ってきた『ビルとテッド』の大冒険
Music 若きシンガーは立ち止まらない
Gender 性的少数者の背中を押すセレブの告白
Drama 歌姫セレナの魂をよみがえらせたい
Work コロナ不況で希望の報酬を実現する交渉術
Holidays 世界の年末年始を彩る不思議なお祝い
【Departments】
Perspectives
In Focus
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye トニー・ラズロ ── 日本の道は自転車には危な過ぎる

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 8

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 9

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 10

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中