Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.2.19号(2/12発売)

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019年2月19日号(2/12発売)

Cover Story

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

テクノロジー 自動運転が運ぶ想定外の未来
システム MaaSと自律走行車でストレスフリー移動を
ボストン AVシステムで公平な街づくり
アトランタ 理想の都市はすぐそこに
Q&A フォードが切り開くモビリティーの未来
ランキング アメリカ人が好きな自動車は
【PERISCOPE】
VENEZUELA 国境封鎖でもマドゥロ批判は防げない
UNITED STATES ベゾスとトランプの代理戦争勃発
UKRAINE 人気コメディアンが大統領に?
VATICAN 修道女を性奴隷にした教会の闇
GO FIGURE 住宅価格が高過ぎて買えない都市は
INDIA サウジと急接近するインド
UNITED STATES バージニア政界は不祥事の巣窟
ISRAEL 大麻輸出市場にイスラエルが参戦
FRANCE 黄色いベスト運動は外交問題に
U.S. Affairs
トランプ政権がベネズエラを放っておけない理由
一般教書演説に潜む権威主義の危険なサイン
Business
中国経済の急減速でIT社員の首が飛ぶ
【FEATURES & ANALYSIS】
日本外交 「やっかいな隣人」韓国のトリセツ
韓国 やっぱり死に体に? 大統領3年目の悪夢
ベネズエラ 「21世紀の社会主義」の無責任
インタビュー アベノミクスの先行きは?
中国 習近平が仕掛ける新たな歴史戦争
オピニオン 再生可能エネルギーが変える世界秩序
BY THE NUMBERS  数字で見るインフルエンザ
【LIFE/STYLE】
Movies 女性監督のスリラー映画が面白い!
Movies 『女王陛下のお気に入り』を気に入らない理由
Theater 男らしさに縛られた兄と弟と観客と
Food ピザのおいしい匂いでおなかもいっぱいに
Food ペットフードの穀物フリーは危険
Music クラシック音楽界とメディアの同性愛タブー
Toys ルービックキューブは今こそ旬
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire ファーウェイの次は微信?(唐辛子)
Picture Power 写真家3人が見た国境を目指すキャラバンの真実

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 2

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である理由【世界が尊敬する日本人】

  • 3

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 4

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 5

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 6

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    「人間の肥料化」が合法化されそう、何それ?

  • 9

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結…

  • 10

    避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!