Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.2.26号(2/19発売)

特集:沖縄ラプソディ

2019年2月26日号(2/19発売)

Cover Story

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

ルポ 僕たちは、この島を生きている

「最悪」日韓関係の処方

東アジア 議論ができない根本的な原因は限界を迎えた「65年体制」にある
【PERISCOPE】
U.S. Affairs
EUROPEAN UNION 欧州で反ユダヤ主義が再燃する訳
UNITED STATES 米軍人の住居が「壁」の犠牲に
RUSSIA ロシアが「ネット鎖国」になる日
IRAN 米軍スパイがイランのスパイに転身
GO FIGURE eコマースの闇? 返品の山で業者悲鳴
THAILAND 王女を担ぎ出しても変わらぬタイ政治
CHINA 共産党の網をかいくぐり広がるウイグル支持
NIGERIA 大統領選後も治安回復は視界不良
Asia
VIETNAM 金正恩はベトナムを目指す
U.S. Affairs
革命40周年のイランにアメリカが今なすべきこと
Business
WTOを機能不全にする4つの大きな波
【FEATURES & ANALYSIS】
ロシア プーチンの野望が国民生活を蝕む
インタビュー 若者たちは銃規制を諦めなかった
寄稿 14歳の娘との全ての時間を銃弾に奪われて
BY THE NUMBERS  月面探査の夢は続く
【LIFE/STYLE】
Movies 「差別描写が手ぬるいと言わせない」
Movies 『グリーンブック』にも人種映画の殻
Wine ヒマラヤ少数民族が育むお宝ワイン
Health 女性の脳は男性より3歳若い
Food インド発の健康スーパースナック登場
Photography 指先の汚れとデバイスの冷たさと
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire バージニアの黒塗りスキャンダル(パックン)
Picture Power 人類と自然の衝突が生む「空虚」

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!