Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.3.27号(3/20発売)

特集:コロンビア大学特別講義 「慰安婦」の記憶

2018年3月27日号(3/20発売)

Cover Story

なぜ慰安婦問題は噴出し、今も解決しないのか。コロンビア大学教授が解き明かすプロセスと背景とは

特別講義 「慰安婦」が記憶になるとき
解説 なぜ世界各地に慰安婦像が増え続けるのか

冒険に生きたわが友ホーキング

追悼  難病でも意欲を失わず宇宙の謎を探り続けた天才科学者の人生

霞が関視点の森友事件解説

日本政治 なぜ財務省はつまずいた? 元官僚が読み解くスキャンダルの深層
【PERISCOPE】
InternationaList
NORTH KOREA 歴史的会談に北朝鮮が沈黙するのは
RUSSIA 神経剤襲撃にプーチンが込めたメッセージ
PHILIPPINES 大統領が人道犯罪で裁かれる?
BRITAIN イギリスを震撼させる「謎の手紙」
RUSSIA 夢のレーザー兵器はロシアが既に配備
TURKEY アメリカとトルコがシリアで激突寸前
RUSSIA 熱狂なき大統領選とプーチン時代の終焉
UNITED STATES 銃規制を求める学生の叫び
Asia
CHINA ウイグル「絶望収容所」と子供たちの悲劇
MONGOLIA 米朝会談がモンゴルで開かれる理由
U.S. Affairs
米大学で増える孔子学院に取り締まりの網が
アラスカの人口減が止まらない
NY「夜の市長」っていったい何者?
初の女性長官誕生を阻むCIAの恥ずべき過去
【FEATURES & ANALYSIS】
アメリカ 加速するトランプ直感外交
外交 米朝会談と「安倍トラ」の盲点
視点 金と会ってはならない3つの理由
アフリカ シエラレオネ大統領選に蠢く中国の影
テクノロジー 賢い宇宙AIはクルーの良き相棒
【LIFE/STYLE】
Movies 圧巻だが物足りないチャーチル映画
Movies 戦艦級スケールに薄い中身の『ヴァレリアン』
Fashion LLビーンが永久保証をやめた理由
Books ファンタジー界に静かなフェミニスト旋風
Gender 「トランプは多くの人を目覚めさせた」
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国で進む官製トイレ大革命
Picture Power 便利な原料パーム油の不都合な真実

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

  • 2

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 3

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの手口

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会…

  • 6

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 7

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 10

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!