Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.4. 3号(3/27発売)

特集:コロンビア大学特別講義 歴史への責任

2018年4月 3日号(3/27発売)

Cover Story

なぜ今、第2次世界大戦の「記憶」について学ぶのか── 米コロンビア大学教授が学生たちと導き出した未来への教訓

特別講義 記憶が現在に問い掛けること
解説 「戦争の記憶」のその先にある未来への責任

ボルトン復活に恐怖せよ

米政権 大統領補佐官に決まったネオコンの人物像と開戦の危険性

情報悪用フェイスブックの罪

ソーシャルメディア 情報不正使用の核心は同社のビジネスモデルにあり
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 米中貿易戦争が始まる?
UNITED STATES トランプは特別検察官もクビにするか
LIBYA リビアにはびこる奴隷市場と即決処刑
SWEDEN スウェーデンのセックスに必要なのは
RUSSIA ロシアが多数の化学兵器施設を改修
SAUDI ARABIA 米サウジ75年前の歴史は繰り返す?
ISRAEL 10年前の空爆を公表したイスラエルの意図
News Gallery
KOSOVO 催涙ガスで混乱しても国づくりは前進
Asia
CHINA 敵なし習近平に付ける薬もなし
MALDIVES 中国に近づくモルディブの政治危機
JAPAN グーグルが注目した日本人女性科学者
【FEATURES & ANALYSIS】
ドイツ ポスト・メルケルは女の戦いに
中ロ関係 習・プーチン同盟がアメリカを倒す日
中国 習体制の閣僚人事を読み解く
歴史 ベトナム戦争の嘘を暴いた男
映画評 「抵抗」の物語を今に重ねて
エネルギー 微妙な温度差を電気に変える
【LIFE/STYLE】
Health デジタル時代のローテク美肌術
Health 心拍数が「顔で分かる」遠隔測定器
Toys 金メダリストのバービー登場
Television 脇役女優K・リッターの華麗な開花
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 昼ドラよりすごい政権人事劇
Picture Power 語られない戦争の「後半」がここに

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

  • 2

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 3

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの手口

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会…

  • 6

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 7

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 10

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!