Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.4. 3号(3/27発売)

特集:コロンビア大学特別講義 歴史への責任

2018年4月 3日号(3/27発売)

Cover Story

なぜ今、第2次世界大戦の「記憶」について学ぶのか── 米コロンビア大学教授が学生たちと導き出した未来への教訓

特別講義 記憶が現在に問い掛けること
解説 「戦争の記憶」のその先にある未来への責任

ボルトン復活に恐怖せよ

米政権 大統領補佐官に決まったネオコンの人物像と開戦の危険性

情報悪用フェイスブックの罪

ソーシャルメディア 情報不正使用の核心は同社のビジネスモデルにあり
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 米中貿易戦争が始まる?
UNITED STATES トランプは特別検察官もクビにするか
LIBYA リビアにはびこる奴隷市場と即決処刑
SWEDEN スウェーデンのセックスに必要なのは
RUSSIA ロシアが多数の化学兵器施設を改修
SAUDI ARABIA 米サウジ75年前の歴史は繰り返す?
ISRAEL 10年前の空爆を公表したイスラエルの意図
News Gallery
KOSOVO 催涙ガスで混乱しても国づくりは前進
Asia
CHINA 敵なし習近平に付ける薬もなし
MALDIVES 中国に近づくモルディブの政治危機
JAPAN グーグルが注目した日本人女性科学者
【FEATURES & ANALYSIS】
ドイツ ポスト・メルケルは女の戦いに
中ロ関係 習・プーチン同盟がアメリカを倒す日
中国 習体制の閣僚人事を読み解く
歴史 ベトナム戦争の嘘を暴いた男
映画評 「抵抗」の物語を今に重ねて
エネルギー 微妙な温度差を電気に変える
【LIFE/STYLE】
Health デジタル時代のローテク美肌術
Health 心拍数が「顔で分かる」遠隔測定器
Toys 金メダリストのバービー登場
Television 脇役女優K・リッターの華麗な開花
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 昼ドラよりすごい政権人事劇
Picture Power 語られない戦争の「後半」がここに

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!