Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.7.11号(7/ 4発売)

特集:中国新戦略の誘惑

2017年7月11日号(7/ 4発売)

Cover Story

中国の新戦略「一帯一路」にはチャンスとリスクが潜む。新たなチャイナ・マネーの誘惑と共産党の思惑

中関係 「一帯一路」トランプの損得勘定
インフラ 中国の意向で走る「ゾンビ鉄道」
東南アジア 鉄道建設に強権発動の愚かなタイ軍事政権
経済 中国マネーが招くベネズエラの破綻
オピニオン 上海協力機構に注目すべき理由

王閥解体の覚悟はあるか

韓国 長過ぎる財閥の経済支配に文在寅政権が入れる「メス」
【PERISCOPE】
HONG KONG 返還20年、強権政治の現実
SYRIA 「首都」も収入源も失ってISISは壊滅寸前
BRITAIN メイの政権運営に3つの落とし穴
UKRAINE ウクライナを狙ったテロにロシアの影
BRAZIL 底無しの汚職がブラジルを揺るがす
EAST ASIA 東アジアの権力闘争に長期的視野を
WORLD AFFAIRS 危機不感症に陥った日本
FRANCE マクロンが五輪開催に託す希望
Asia
JAPAN 「日本は古い」をいっとき忘れよう
SOUTH KOREA トランプに冷遇された文が官僚を冷遇
TAIWAN 米軍艦の台湾寄港でさらにいら立つ中国
CHINA 北朝鮮制裁は中国相手の綱渡り
U.S. Affairs
暴言ツイッターはトランプの巧妙な戦略?
People
不正資金で超豪華ギフトをもらっちゃった人々、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
シリア ポストISIS戦略に残る不安
視点 「アメリカ抜き」が世界の悲劇を招く
フランス マクロンのリベラル改革を待つ落とし穴
テクノロジー 緑の地球を救う大空からの視線
小売業 アマゾン+スーパー、宅配改革へ大勝負
新技術 LEDが照らし出す癌細胞撲滅への道
【LIFE/STYLE】
Movies フェイクだらけの『ウォー・マシーン』
Movies ベン・キングズレーが語る現実の重み
Movies ひたすら怖いSFホラー『ライフ』
Sports インドの国技「カバディ」に熱い視線
Music 大人になったロードの新たな挑戦
Design 権力を問うクールなアート集団
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 「回帰」香港の失われた20年
Picture Power 難民の旅の悲惨な終着点リビア

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!